ナインティナインの岡村隆史がラジオ番組で、タモリと偶然会って食事を共にしたことを語った。岡村は、久しぶりに触れることができた“タモリの言動”の数々をとても楽しそうに証言した。

6月5日深夜に放送された『ナインティナインのオールナイトニッポン』で、ナインティナインの岡村隆史が、6月4日に行きつけの飲食店でタモリと偶然会ったことを明かした。

岡村はその店に行く前にはいつも「○名で行きますけど(席は)空いてますか?」と確認の電話を入れるそうだが、その日だけ連絡を入れずに立ち寄った。だが、店員はなぜか“待ってました”と言わんばかりに「どうぞどうぞ」と岡村に話しかけてきた。それを不思議に思った岡村だが、店員は「もう待ってますよ」とタモリが来店していることを告げたのだ。この店は元々タモリが岡村に教えた店で、店員はどうやら2人が待ち合わせしていると思ったようだ。

『笑っていいとも!』共演後はタモリに会っていなかった岡村は「あいさつに行こう」と思い立ち、タモリと久しぶりの対面を果たした。タモリから「おー、どうぞどうぞ」と温かく迎えられた岡村は、食事を共にすることとなる。岡村が「最近、どうですか?」と近況を尋ねると、タモリはいつもの調子で「別にどうもこうもないね」と即答。

『いいとも』が終了し、時間に余裕が出来た今は「京都や福岡などいろいろ回って、地方はあちこち行っている」というタモリに、岡村は「仕事のオファーもいっぱいあるでしょう?」と質問をぶつけた。これにもタモリはいつもの調子で「ないよ、全然ない。もう仕事したくない」と答えたと、岡村が笑いながら語っていた。

久しぶりに会った“タモリ”の印象を「何ら変わっていない、“ザ・タモリさん”でした」と評した岡村は「ホント良かった、元気そうで」とも語り、偶然にも会食できたことをとてもうれしそうに振り返っていた。
(TechinsightJapan編集部 TORA)