珍しい同姓同名の別人宅を捜索

ざっくり言うと

  • 京都府警は5日、同姓同名の別人宅を誤って捜索したことを発表
  • 容疑者と同姓同名で職業も同じだったため本人と思い込み、生年月日の確認を怠った
  • 警察は「男性におわびする。再発防止のため指導を徹底したい」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング