アーノルド・シュワルツェネッガーの最新主演作「サボタージュ」が、2014年秋、日本公開されることが決定した。本作は濃密なアクション、サスペンス、ミステリーが合体した“快作”だ。

2011年初頭にカリフォルニア州知事の任期を終え、「エクスペンダブルズ」シリーズや「ラストスタンド」「大脱出」でハリウッドへの完全復帰を果たしたアーノルド・シュワルツェネッガー。かつて「ターミネーター」シリーズなどの大ヒット作で放ったカリスマ的な威光はそのままに、演技者として新たな境地を模索するスーパースターが、監督の才能と優れた脚本に惚れ込んで取り組んだ最新主演作がこの「サボタージュ」(=破壊行為)だ。

今回、シュワルツェネッガーが演じるのは“ブリーチャー(破壊屋)”の異名を持つ不屈の捜査官。しかし彼に完全無欠のヒーローのイメージを抱く観客は、その先入観を根底から覆されることになる。主人公ジョンは犯罪を憎み、チームの絆を重んじるリーダーだが、屈強な外見からはうかがい知れないダークなトラウマを内に秘め、自ら法を逸脱した行為に手を染めることも。そんな善と悪の境界が曖昧なキャラクターに扮したシュワルツェネッガーが、未だ衰えを感じさせないパワフルなアクションを披露する。

本作は巧妙なひねりが効いたストーリー展開が魅力のサスペンス・アクション。殺しのターゲットにされたチームの面々が同時に容疑者でもあるという複雑怪奇な状況のもと、“消えた1,000万ドル”の謎を絡めた真相究明のドラマがスリリングに進行していく。

この物語にただならぬ臨場感を吹き込んだのは、ハリウッドきっての警察映画のプロフェッショナルとして名高いデヴィッド・エアー。「トレーニング・デイ」「S.W.A.T.」などの脚本を手がけ、「エンド・オブ・ウォッチ」での演出が絶賛された気鋭監督が、徹底的にリアリティにこだわったキャラクター描写と市街地ロケに挑戦し、息をのむ迫力のこもった銃撃バトル、カー・チェイスの映像化を実現した。疾走中の車にカメラを直接据えつけた斬新なショットなどを随所に盛り込み、CGに頼らない体感型のアクション・シーンの連続となっている。

チームのリーダーで父親的存在でもあるシュワルツェネッガーと、その部下たちを演じる共演者との息の合ったアンサンブルも見応え十分。「アバター」「ターミネーター4」のサム・ワーシントン、「アイアンマン」「プリズナーズ」のテレンス・ハワードらが風貌も性格も個性的なメンバーに扮し、テレビシリーズ「キリング/26日間」の主人公サラ・リンデン役で脚光を浴びたミレイユ・イーノスが男勝りでセクシーなチームの紅一点を熱演した。また「シックス・センス」「ゴーストライター」の実力派女優オリヴィア・ウィリアムズが、事件解明に執念を燃やす刑事役でドラマに厚みを加えている。

映画「サボタージュ」は今秋TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー。

☆「サボタージュ」ストーリー

米国の麻薬戦争において多大な功績を挙げてきたジョン・ウォートン(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、DEA(麻薬取締局)最強の特殊部隊を率いるリーダー。8人の部下を指揮し、麻薬カルテルのアジトへの奇襲作戦を実行したジョンは、見事な戦術で敵の制圧に成功する。しかし一味の隠し金1,000万ドルの札束が忽然と消え、ジョンの部下たちが1人ずつ何者かに惨殺される不可解な事件が発生。それはジョンへの恨みを晴らそうとする麻薬組織の仕業なのか、それともチーム内の何者かの犯行なのか。ジョンと地元の女性刑事が捜査を繰り広げるなか、チームのメンバーは疑心暗鬼に陥り、猟奇的な連続殺人はさらなる異常な展開を見せていくのだった……。