銀座の「宗家 源 吉兆庵」で、岡山育ちの源氏ボタル600匹の観賞会!

写真拡大

夏の季語であるホタルも、都心では見かけることの少ない今日この頃。それでも、あの幻想的な光を楽しみたいという方へ、銀座の真ん中にある「ホタルの名所」をご紹介!

6月9日(月)から6月15日(日)までの1週間、和菓子の名店である「宗家 源 吉兆庵 銀座本店」の2階・特設会場では、「第11回 源氏ボタル観賞会」を開催。
前年の観賞会で生まれた卵を岡山に持ち帰り、自然の中で1年をかけて成虫へと育てた元気いっぱいのホタルを披露。いわば「銀座生まれ岡山育ち」のUターンしたホタルたちが、なんと約600匹も!

もともと、江戸時代の銀座は水路や小川が多く、初夏には柳に飛び交う「ホタル」が多く見られたとか。今では見る機会も少なくなった「ホタル」を、平成16年度から毎年、観賞会として紹介してきたという「宗家 源 吉兆庵 」。
イベントの開催にともなって、“蛍”に関連した和菓子や特別メニューもいろいろ。

創作和菓子「銀座の蛍」は1階で購入可能。そのほかに3階の甘味処「松濤 粋」では創作デザート「幻蛍(まぼろしぼたる)」、4〜6階の日本料理「銀座 松濤」では懐石料理「蛍が舞う頃」など、数量限定で味わえる季節の味が、ホタルとともに登場。

「今年で11回目になる『源氏ボタル観賞会』は、都会では珍しい初夏の風物詩ホタルを銀座でご観賞いただけます。期間限定の和菓子や甘味、日本料理もご用意しておりますので、会社帰りにぜひお立ち寄りください」と、広報担当の高田さん。

期間中は18:00〜21:00(最終日は20:00)まで入場無料で観賞できるそうなので、お仕事帰りに「ちょっと銀座でホタル観賞」なんていう粋なアフター5も楽しめそう!