武井咲、佐藤健に告白「離れていて寂しかった」

写真拡大

 6月5日、映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』の完成披露レッドカーペットイベントが都内で行われ、主演の佐藤健(25)、女優の武井咲(20)が登場した。撮影を振り返り、武井が「今回は剣心(佐藤健)と離れている時間が多かったので、寂しかったです」と告白すると、佐藤は照れ笑い。その様子に会場からはひやかしにも似た歓声が上がった。

 主演を務めた佐藤は撮影を振り返り「本当に過酷で死人が出るんじゃないかと思っていた」と苦笑い。それだけに「映画を見る前にハードルを上げるのは好きじゃないですが、これだけは言わせてください」と言うと、「日本映画の歴史が変わる瞬間を劇場で体験してください」と語り、自信を見せた。

 他にも伊勢谷友介(38)、青木崇高(34)、蒼井優(28)、神木龍之介(21)、江口洋介(46)、藤原竜也(32)ら豪華俳優陣が登壇し、大雨の中駆けつけたファン1200人にサインや握手をするなど盛り上がりを見せた。

(撮影/柴田悟)