写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドラゴンクエストの生みの親として知られる堀井雄二氏が、6月11日と18日に放送されるFM西東京のラジオ番組『漫学〜Nちゃんねる(仮)〜』にゲスト出演することが明らかとなった。

『漫学〜Nちゃんねる(仮)〜』は、FM西東京で毎週水曜日23:00より放送中の人気ラジオ番組。漫画家や編集者、書店員など漫画に携わる人物を毎回ゲストに迎え、ディープなトークを繰り広げる"漫画探求番組"となっており、パーソナリティーは疋田しおり、レギュラーとしてMIA、浜田哲、岩下夏帆が出演している。

11日の放送では、28年前に発売された初代『ドラゴンクエスト』から、ナンバリングタイトル最新作である『ドラゴンクエストX』に至るまで、シリーズ各作品の思い出を堀井氏自ら振り返るトークを実施。「ロト3部作は最初から構想にあったのか?」「"ふっかつのじゅもん"が未来を予言しているという都市伝説について」「『遊び人』が賢者に転職できるようになったわけ」など初期のシリーズにまつわるエピソードのほか、「リメイク版で賢くなってしまったクリフトに堀井氏がどう対応したか」「『ドラゴンクエストV』リメイク版でルドマンが結婚相手候補に追加される可能性もあった?」などの気になる話題も語られるという。

さらに、オンラインになった『ドラゴンクエストX』を堀井氏自身がどのように遊んでいるかなど、近作についても言及。番組後半では、かつて漫画家を目指していたという堀井氏がゲームクリエイターになるまでの話や、週刊少年ジャンプでライターとして担当していた「ファミコン神拳」についてのエピソードも語られる。

また、18日の放送では、堀井氏の学生時代からの旧友であり、『つるピカハゲ丸』で知られる漫画家・のむらしんぼ氏をゲストに迎え、さらにディープなトークを展開。2人の出会いから再会に至るまでのエピソードに加え、名作『ポートピア連続殺人事件』の攻略法をのむら氏が堀井氏に質問していた等のユニークな話題も登場。さらに、現役クリエイターやクリエイターの卵に向けて、2人から貴重なアドバイスも送られるという。

堀井氏が出演するのは6月11日23:00と18日23:00の回。番組は通常30分だが、11日のみ「堀井雄二出演スペシャル」として1時間の放送となる(11日の放送分は、17日19:00より再放送もされる予定)。

なお、本番組はラジオでの視聴のほか、放送エリア外であってもインターネットやスマートフォンで視聴可能。FM西東京の公式サイトに加え、スマートフォン用アプリ「TuneIn Radio」から『FM西東京』を選ぶことでも聴くことができる。