警察が同姓同名の別人宅を捜索

ざっくり言うと

  • 京都府警は、覚せい剤取締法違反事件の捜査で同姓同名の別人宅を捜索した
  • 免許証の生年月日が容疑者と異なり発覚し、約8分後に捜索を中止した
  • 容疑者と男性の戸籍や住民票の照合作業を怠ったのが原因という

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング