小保方氏、論文撤回で借金危機も

ざっくり言うと

  • STAP細胞論文問題で、小保方氏が論文の撤回に同意した
  • 研究費に関し、理研側が研究者個人に返還請求をする可能性がある
  • 研究費の返還請求がなされれば、小保方氏は多大な金銭負担を負うことになる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング