定期的に休ませたほうがいいと分かっちゃいるけれど 

スマホユーザーの避けられぬ運命、眼精疲労。筆者の目も、日夜目潰しを食らっているかのような疲労度でございます。

眼精疲労は一度溜まるとなかなか抜けません。ならばせめて疲労がたまりにくい環境を作り、予防をしてみてはいかがでしょうか。

というわけで、今回は眼精疲労対策をまとめてみました。これを読んで少しでも目の疲れを軽減してあげましょう。


メガネを変えてみよう


140604_eye_01.jpgスマホの見過ぎで疲れたので、PC用メガネ「JINS PC」を試してみた【自腹レビュー】


最近では、ディスプレイから発せられる光の中でも、特に目に負担をかけると言われる「ブルーライト」を軽減してくれるメガネが発売されています。JINS(ジンズ)やZoff(ゾフ)といったメーカーが、このジャンルに力を入れていますよ。

スマホだけでなく、パソコンやテレビにも有効なところがポイントです。


アプリで画面の色合いを変えよう


131101_bluetop.jpg・刺激の強い「ブルーライト」をカット! 『ブルーライトプロテクト』で快適な夜のスマホライフを

130207eyetop01.jpg・疲れ目の皆さ〜ん。白色を肌色にする『疲れ目防止フィルター』がイイ感じですよ〜


ディスプレイの色合いを変えることで、ブルーライトを減らしてくれるアプリを使うのも有効です。少々画面が見づらくなるところはありますが、今すぐにできる対策ですね。


ガムをかんでみよう


131108gumtop01.jpg・目の疲れにはガムが効く!? デジタル中毒の編集部で試してみると...


ガムをかむと血行が良くなり、眼精疲労に効果があるそうです。普段ガムをかまないという方も、気分転換にかんでみてはいかがでしょうか。


部屋の湿度を上げてみよう


140604_eye_02.jpg目の疲れが気になるなら、加湿器で湿度を保つのが効果的[ライフハッカー]


兄弟サイトであるライフハッカーによると、乾燥が眼精疲労の原因となることがあるそうです。冬場は特に注意したほうが良さそうですね。

以上、眼精疲労対策をまとめてお送りいたしました。

目は、体の中でも特に大事な器官です。いつまでも、大事にしたいものですね。


(コンタケ)