左から「F-130R」と「RP401R」

写真拡大

ローランド(静岡県浜松市)は、ピアノ練習の入門用モデルとして、奥行き約30センチの薄型でモダンなデザインの「F-130R」と、ピアノらしさを追求した「RP401R」の2機種を2014年6月14日に発売する。

こだわりの「音」と「弾き心地」

両機種とも入門用モデルながら、上位機種同等の表現力の高い音色のほか、従来比100倍以上の高精細なセンサー方式を採用し、グランドピアノ特有の弾き心地を再現した新型鍵盤を備える。ピアノ本来の豊かな響きや音の粒立ち、伸びやかな低音を再現する専用の音響システムを搭載するなど、デジタルピアノとしての完成度を高めた上で、ヘッドホン使用時にも立体的な音の広がりを再現している。

また、ポップスやジャズ、ロックなど幅広いジャンルの自動伴奏機能や、クラシックの名曲を中心にバイエルやブルグミュラーの練習曲など200曲を内蔵。メトロノームや録音機能など、ピアノレッスンに便利な機能も充実している。

「F-130R」は細部の色を本体と同色で統一するなど、インテリアに溶け込むデザイン、「RP401R」は子どものピアノレッスンや家族での使用をイメージしピアノらしいデザインに加え、高低自在椅子や楽譜集も付属する。

価格はオープン。楽器のネット通販サイトでは10万円程度での販売が予定されている。