モナコGPのコースを走るF1マシンのコクピットからは、華やかなモンテカルロの街並みなどほとんど見えないという。地上約70cmという高さに視線を落とせば、道の両脇のガードレールに視界の大半を奪われ、曲がりくねったコースは実際の道幅以上に狭く見える。

 そんなモンテカルロの市街地サーキットで、小林可夢偉が所属するケータハムの2台だけが、異様にステアリングを左右に大きく切っているように見えた。

 トンネルを抜けた先の低速区間、「ヌーベルシケイン」では、ステアリングを握る可夢偉の左右の手が、半周して反対側のコクピットの中へ隠れてしまうほどだった。

 多くのチームはこの曲がりくねったサーキットに合わせて通常よりも舵角が大きくあたる特別仕様のステアリングラックに換装してモナコに臨む。小林可夢偉が2012年まで乗っていたザウバーもそうだった。

 だが、ケータハムはそのステアリングラックを持っていないのではないか? コースサイドで感じていたそのことを尋ねると、可夢偉は苦笑いをしながら頷(うなず)いた。

「そう、ないんですよ。ステアリングをすごく切っているように見えるのは、やっぱりそれがないからでしょうね」

 普段は自分からチームの苦境を語ることはしない可夢偉だが、このときは思わず本音が漏れた。

「(ステアリング操作で)忙しいですよ、『こんなに切ったっけなぁ!?』っていうくらいステアリングを切っている。どのコーナーでも大きく切っています。一番忙しい仕事をしているのに、誰も褒めてくれへんのやから悲しいよね(苦笑)」

 予選を終えた可夢偉とそんな話をしている時、ケータハムのモーターホーム内に据え付けられたモニターに、ポールポジションを獲得したルイス・ハミルトンの車載映像が流れていた。真っ青な美しい港に面したこのパドックからは、対岸にモンテカルロの街並みが見えるが、可夢偉の目はモニターに向いていた。釘付けというよりも、どこか他人事のような視線だった。

「すごいねぇ。別世界やわ......」

 ハミルトンと可夢偉のラップタイムは1周で4秒もの大差があった。だが、世界が違うのはラップタイムよりもマシン挙動の方だった。車載映像に目線を向けたまま、可夢偉は話す。

「『すごいな』としか言いようがない。(低速コーナーからの立ち上がりで)ほら、トラクションとかすごいもん。トラクションコントロール(※禁止されている電子制御装置)がついているとしか思えないようなトラクションのかかりかたですよ(苦笑)」
※発進・加速時にタイヤの空転を防止する装置

 可夢偉の予選順位は21位。チームメイトのエリクソンには勝ったが、コンストラクターズランキングを争うライバルチームのマルシアには0.8秒の差を付けられ、さらに、シーズン序盤のライバルだったザウバーには1.4秒も引き離された。彼らの背中は見えなくなっていた。

「スペインGPのアップデートで、完全にマルシアの方が前に行っている感じがするし、今週もずっと負け続けている。この予選結果はむしろ僕らが挽回したくらいで、今週で一番マシなタイム差になった」

 ケータハムの開発は歩みが遅く、マシン性能の進歩は期待していたほど得られていない。そして、モナコで新しいパーツは一切投入されなかった。可夢偉は思わずこぼした。

「こんな予定ではなかったんですけどね......。今はダントツに遅い。ダントツに負けているし、だんだん差が開いている......」

 それでも、可夢偉は望みを捨てていなかった。これまでのレースでも明らかだったように、決勝ではマルシアやザウバーとの差は縮まる。1周のピーク性能ではかなわなくても、78周の距離を争うのならば、勝ち目はある。事実、予選で勝ち目がないと見切りをつけた可夢偉は、決勝でなるべくタイヤを保たせること、タイヤをうまく使うことに主眼を置いてマシンのセットアップを進めていた。

「一番大事なのは決勝なんで、どこに焦点を持っていくかっていうことやと思うんです」

 そう語る可夢偉は、モナコはアクシデントの多い市街地サーキットなだけに、荒れた展開になることに望みをかけていた。上位勢が何台かリタイアすることがあれば、ポイント獲得のチャンスが巡ってくる。

「一番大事なのは安定して走ることで、あとは戦略がハマるかどうかですけど、そこは運次第の部分もあります。でも、去年(のモナコ)はクラッシュしているクルマも多かったんで、しっかり走れば(入賞の)チャンスはあるかなと思っています。タイヤが保てば、何かあった時の対応力は上がると思うし」

 たとえ棚ぼたでも、ポイントを獲得したい――。それはシーズン当初の可夢偉の考えとは真逆だ。運ではなく、実力で一歩ずつステップを踏んでポイントが獲れるところまで行く。それが可夢偉の思い描いていたビジョンだった。

 しかし、開幕から6レースを終えた今、ケータハムが実力でマルシアやザウバーを上回り、ポイントを獲得することは限りなく不可能に近い。それが分かったからこそ、可夢偉は荒れたレースが予想されるモナコで、どんな形でもいいから好結果を手に入れたいと思った。

「チームとして今までで一番ツラい状況であるのは間違いないです。でもやるしかない。どうやってチームのモチベーションを上げていくかを考えないと」

 序盤戦の結果に落胆し、チーム売却まで囁かれるようになり、チームの士気は下がっている。共同チームオーナーのトニー・フェルナンデスが条件の良い売却相手を探していることは、以前から明らかだったとはいえ、ネガティブな報道が良い雰囲気をもたらすはずもない。

 好結果を残してチームを鼓舞したい。そして、モナコならそれができる可能性がある。迎えた決勝で可夢偉は好スタートを決めると、ペナルティで後退したマルシア勢を抑え込み、上位勢の脱落によって少しずつ順位を上げていった。レース中盤を過ぎて、12位を走る可夢偉に、入賞の可能性も見えてきた。

 そんな矢先、フェラーリのキミ・ライコネンに道を譲った後に残されていたわずかな空間に、後ろに抑え込んでいたマルシアのジュール・ビアンキがノーズを突っ込んできた。通常ならば追い抜きなどできない狭い低速コーナーの「ラスカス」だ。

 ビアンキは、自分のタイヤを可夢偉のタイヤにぶつけながら向きを変え、それでも曲がりきれずにさらに二度、可夢偉のマシンに体当たりをしながらコーナーを立ち上がって行った。その後、可夢偉のペースが大きく落ちたのは、順位を下げて気落ちしたからではなかった。

「あのまま僕が逃げなければ(絡み合って)スピンするから、避けるしかなかった。でも、横のフロアがガッツリ壊されて、相当ダウンフォースがなくなりました。ブレーキングしても真っ直ぐ止まらへんし。ずっとこんなんですよ!」

 そう言って可夢偉はステアリングを大きく切る動作をする。

 大きくペースを落としながらも、なんとか13位でチェッカーを受けた可夢偉のマシンは、リアタイヤ前方のボディワークが大きくえぐれていた。そのせいで車体右側だけリアエンドに気流が行かず、マシンが不安定になっていたのだ。

 ケータハムにとってショックだったのは、マルシアのビアンキが、チーム創設以来初となる入賞(9位)を果たしたことだった。それは、まさに可夢偉がモナコで狙っていたことであり、この2ポイントは、ケータハムのマルシア追撃が難しくなったことを意味していた。

 レースが終わり、ケータハムの隣のマルシアのガレージでは、祝いのシャンパンが何本も開けられ、祝勝会のような記念集合撮影まで行なわれていた。それとは対照的に、2台ともに入賞圏外の11位と13位に終わったケータハムは、チーム全体が大きく沈んでいるように見えた。

 それでも可夢偉の顔は上を向いていた。今が我慢のしどころであることを分かっているからだ。事実、ケータハムはスペインGP後のテストで、状況改善の糸口をつかんでいた。テストではスペインGPの予選よりも速いタイムを刻んでいたのだ。

「新しいパーツも入ってないし、ミディアムタイヤなんですけど、(ソフトタイヤで走った)予選よりもタイムが速かったんです。ガソリンも積んでいたし、エンジンも予選モードの設定ではないから遅いはずやのに。あの状態で走ったら予選は1秒くらい上がったはず。ここをこうすればいい、というのは分かりました。その対策パーツが入れば、かなりポテンシャル向上につながると思います。問題は、それがいつになるかですけどね」

 まだすべての光が失われたわけではない。ケータハムのマシンが抱えた問題を解決するパーツの到着が待たれる。

「頑張るしかないでしょう、とにかく。モナコだって、スタート後はずっと(マルシアの)前にいたんやから、これからだって行けんことはない」

 ガードレールに視界を奪われそうなモナコGPで、誰よりも必死にステアリングを切り続けたように、可夢偉はこれからもあきらめることなく戦い続ける。

米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki