映画『夫婦フーフー日記』より佐々木蔵之介、永作博美 ©2015川崎フーフ・小学館/「夫婦フーフー日記」製作委員会

写真拡大

佐々木蔵之介と永作博美の主演映画『夫婦フーフー日記』が、2015年初夏から東京・新宿のピカデリーほか全国で公開される。

【もっと写真を見る】

同作は、ライターの清水浩司と癌で他界した妻の「川崎フーフ」による闘病ブログを書籍化した『がんフーフー日記』が原作。同書は、出会ってから17年目に結婚し、直後に妊娠が発覚するも妻に悪性腫瘍が見つかった夫婦の育児と闘病生活の様子が綴られている。

映画版では、原作に「死んだはずの妻と残された夫が、夫婦の軌跡を振り返る」という設定を追加。病気に苦しみながらも力強く生きる夫婦の姿や、「ヨメ」の死後、ブログの書籍化に向けた原稿執筆に現実逃避するダンナの前に死んだはずのヨメが現れ、2人で過ごしてきた日々を共に振り返る中で、徐々にヨメの死を受け入れていく様を描く。

妻を亡くし、生まれたばかりの子ども「ぺ〜」の世話と仕事に奔走するダンナことコウタを演じるのは佐々木蔵之介。最期まで明るく生きぬく生前のヨメことユーコと、コウタの前に突然現れる死んだはずのユーコという2つの姿を、佐々木とは10年ぶりの共演となる永作博美が演じる。監督は、『婚前特急』『わたしのハワイ歩きかた』で知られる前田弘二。脚本は『藁の盾』『永遠の0』の林民夫が手掛ける。

佐々木は同作について「ヨメとダンナの2人、ペ〜も入れて3人のこの家族が、もーれつに生きた期間は、ふり返ってみれば大変だったと思うけれど、もーれつに生きた2人が描かれているにも関わらず、それでもけっこう前向きに楽しさを感じる映画になっている」「それって、いいなぁと思うんです。撮影も怒濤で本当に苦しかったけれど、笑いの絶えない現場でしたしね。絶望も苦しみも悲しみもあるけど、希望に満ちている。そんな夫婦と家族の話、ぜひ劇場で観てほしいです」とコメント。

永作は、「初めて読ませてもらった時点でとても新鮮な作品に感じました。是非演らせてほしいと。しかし始まってみたらやはり、一筋縄にはゆかず毎日のように難易度の高さを感じつつも、ライトな痛快観も忘れるわけにはゆかず、結構悩み、走り抜いた感じです。でも、きっと今までに無い新しい作品になったと感じています」と語っている。