市井紗耶香

写真拡大

3日放送のバラエティ番組「徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で、元・モーニング娘。の市井紗耶香が「大人AKB」応募の裏事情について語った。

番組では「悩める女を渡部プロが救済SP」と題して、市井のほかに、元SDN48の芹那、SUPER☆GiRLSの志村理佳が出演し、それぞれの悩みを告白していった。市井紗耶香は一番の悩みとして「レギュラー番組を1本獲って安定した暮らしがしたい」と打ち明けた。

市井はモーニング娘。を卒業して14年が経つが、大きな成果がないのだという。今年は期間限定で活動する30歳以上のメンバーからなる「大人AKB」のオーディションに応募し、最終選考まで進んだが落選している。

放送では志村の「なんで(大人AKBを)受けたんですか?」との質問に「そんなの大人の事情に決まってるじゃない」と裏に何らかの事情があったことをあっさり告白した。

市井は「まだわからないんだね。そのうち分かるよ30(歳)になれば」と質問をした志村の顔を見つめて言った。

しかし、こうした市井の態度に、アンジャッシュの渡部建は「テレビと向き合うんだったら、今の大人AKBを受けったていうのも、背負わなきゃだめよ」と苦言を呈す。渡部は「『私の意志で受けました』『どうしてもなりたいんです』って言わないと!」と指摘。

大人AKBを受けたことは「良かった」「学ばせてもらいました」と言う市井に、渡部は「それだけを言いなさいよ」とダメ出しをした。

フットボールアワー・後藤輝基に「3児の母ですよ。ママタレント、そういう感じはどうなんですか?」と訊かれると、市井は「ママタレはない」と即答。

続けて、タレントとしての目標を訊かれるもハッキリとは答えらない市井に、渡部は暇な時間は仕事に繋がればという思いで資格勉強にぶつけ色々な検定をとってきたといい「藁にもすがる思いなんですよ」と熱弁する。

渡部は「バラエティやってる人みんなそうですよ。その現場に30歳でフラッと来て『レギュラー欲しいんですよ』じゃダメなんですよ!」と、市井の心構えに再度ダメ出しをした。

【関連記事】
「一体何がしたい?」 元モー娘。市井紗耶香、AKBの次はOFR!
元モーニング娘。の市井紗耶香、ブログでの「ねつ造」を認める
「一体何がしたい?」 元モー娘。市井紗耶香、AKBの次はOFR!?
元モーニング娘。の石黒彩、プロデュースした調理器具が売り上げ4億円の大成功