代理人「小保方氏は本意でない」

ざっくり言うと

  • STAP細胞論文問題で、小保方氏が論文の撤回に同意した
  • 代理人は、氏の本意でなく、圧力を受け続け撤回に同意せざるを得なくなったと述べた
  • STAP細胞の存在は事実で、今後は証明できるように進めたいとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング