「タートルズ」の実写映画再び、マイケル・ベイがプロデュース。

写真拡大

「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイプロデュースにより、まったく新しいアクション超大作として生まれ変わる「Teenage Ninja Mutant Turtles」(原題/全米公開8月8日/パラマウント配給)の邦題が決定し、6月4日、初のタートルズ画像が解禁された。邦題は「ミュータント・タートルズ」、日本公開は12月だ。

ニューヨークの地下道に住み、悪の手から街を守る4人のヒーロー、レオナルド、ラファエロ、ドナテロ、ミケランジェロ。最先端のVFXで、実写版の“タートルズ”が世界を駆け巡る。

このたび解禁となる“タートルズ”の画像は、夜の闇を背に立つリーダー・レオナルド。タートルズのトレードマーク、はちまきが青いのがレオナルドだ。

竹を組んだ鎧に身を包み、たすきにはニューヨークを意味する“NYC”と書かれたバッヂをつけている。冷静で真面目、正義感の強い長男的な存在のリーダーは、ニューヨークの悪に立ち向かっていく。

かつて90年代に映画化された実写版とは大きく異なり、強くたくましくクールな印象で、迫力ある戦闘シーンが期待される本作。二刀流の刀と責任感を武器に、ヒーロー道を突き進む。

映画「ミュータント・タートルズ」は、12月全国ロードショー。