ボン・ジョヴィ映画に鬼奴抜擢、予告編ナレーションで「ヒィーヤ!」。

写真拡大

お笑い芸人の椿鬼奴が6月3日、都内のスタジオで、映画「ニューヨーク・アニバーサリーライブ!ボン・ジョヴィ『インサイド・アウト』」の予告編ナレーションの公開収録に挑戦した。

今年デビュー30周年を迎え、今なおロックシーンをリードし続けるボン・ジョヴィ。7月12日(土)公開の映画「ニューヨーク・アニバーサリーライブ!ボン・ジョヴィ『インサイド・アウト』」は、彼らの3つのコンサート映像で構成されている作品だ。

このたびボン・ジョヴィ好きを公言し、テレビなどでもたびたびその美声(?)でボン・ジョヴィの楽曲を披露している鬼奴が予告編ナレーションに抜てき。「ヒィーヤ!」「ラッキーボン・ジョヴィ!」「ボン・ジョヴィ、最高!」などノリノリのナレーションを次々とマイクにぶつけた。

収録を終えると、「リッチー・サンボラの体型いじるのNGだと思ってたんですけど、“痩せた”って言ってもいいんだってうれしかったです(笑)。堅苦しくなかったんで、楽しくやらせていただきました」と満足気な鬼奴。

映画については、東京ドームで観たというライブと比較し、「ライブ以上と言っても過言ではなく、ジョンを身近に感じられます。ライブに行った人も行けなかった人も、観て欲しい作品」と薦める。

鬼奴自身、ボン・ジョヴィファンになったきっかけは、高校の同級生とカラオケへ行った際、「一番盛り上がる。それでボン・ジョヴィってすごいんだ」と30歳の頃に目覚めたそうで、ヒットナンバーをライブで惜しげも無くセットリストに組み込むファン思いな点も素敵なところだそうだ。

好きな曲を聞かれると、「やっぱり、“しゃてぃざはー!”、なんですよ。ホントのタイトルは『You Give Love A Bad Name』なんですけど、お金になった曲です(笑)」と、仕事につながった一曲を挙げる鬼奴。さらには、「♪息子さーん」と替え歌にしたカップ麺のCMも「私の影響だと思って、うれしかったんです(笑)」とご満悦の様子だ。

楽曲の話題が続き、「IT'S MY LIFE」も今回のナレーションで歌いたかったと明かすが、「なかやまきんに君の曲っていうイメージがあるので、私は立ち入らないようにしている一曲」とのこと。ちなみに「IT'S MY LIFE」は、米国のボディビルダーの大会では定番曲なので、米国に筋肉留学したきんに君が使うようになったとも語った。

さらには、ボン・ジョヴィファン歴が長いというヤナギブソン(ザ・プラン9)がよく歌っているとの理由で、「Something For The Pain」も人前で歌わないようにしているそうで、そうしたカブリに対する気遣いもチラリ。

また、6月4日(水)には、鬼奴がボーカル&ウクレレを担当するバンド・金星ダイヤモンドにとって、8年ぶりとなる2ndアルバム「2014GOLD」がリリースされる。鬼奴はこのバンドでのソロライブや「ミュージックステーション」への出演を目標に掲げており、「歌だけで食べていけたら…」とレイザーラモンRGと語り合っていることも吐露した。

最後に、先日結婚したクワバタオハラ小原正子について聞かれると、報告のメールをもらったことを明かし、「すごい“おめでとうございます”ですけど、一抜け感がすごいですよ。オアシズさんと(森三中)黒沢さんと私を置いていかないで!」と嘆き、笑いを誘った。

映画「ニューヨーク・アニバーサリーライブ!ボン・ジョヴィ『インサイド・アウト』」は7月12日(土)より全国公開。