泥汚れもキレイに洗い上げるタテ型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」(写真は、「BW‐D10XTV」)

写真拡大

日立アプライアンスは、水をたっぷり循環させて、ガンコな泥汚れもキレイに洗い上げる「ナイアガラ ビート洗浄」を搭載したタテ型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ BW‐D10XTV」を、2014年6月21日に発売する。

新たに、シャワーの最大流量を従来の約2倍の毎分約45リットルとし、水をたっぷり循環させる「ナイアガラ循環シャワー」と、衣類を効果的に動かす新形状とした洗濯羽根「ビートウィングX(エックス)」を採用。これらを組み合わせた「ナイアガラ ビート洗浄」によって、高濃度の洗剤液を衣類にたっぷり浸透させてガンコな泥汚れなども、きわだつ白さに洗い上げる。「節水循環ポンプ」の継続搭載で、節水性も両立。

また、汚れがふき取りやすい強化ガラス製の一枚ふたの「ガラストップデザイン」や、ふたの開閉がラクな「アシスト機構」を新たに採用して、使い勝手を向上した。さらに、洗濯槽の裏側など見えない部分に付着した汚れを、洗濯のたびにきれいな水で洗い流すことで槽を除菌し、黒カビを抑える「自動おそうじ」機能や、汚れにくい「内面フラットホース」も引き続き採用している。

「BW‐D10XTV」の洗濯容量は10キログラム、乾燥容量は6キログラム。

同時に、「ビートウォッシュ」シリーズの洗濯乾燥機として、本体幅57センチメートルのスリムタイプながら洗濯容量10キログラム、乾燥容量5.5キログラムで、「ナイアガラ ビート洗浄」「自動おそうじ」などを搭載した「BW‐D10TV」を新たにラインアップするなど、4機種を発売。また全自動洗濯機として、洗濯容量10キログラムの「BW‐10TV」などの4機種も同時発売する。

いずれも、オープン価格。