「グローバル人材」といった言葉を見聞きすることも多くなったが、日本の従来の英語教育では「仕事で結果を出せる英語」はなかなか身につかない。そんな中、大前研一氏が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学でオープンカレッジ「実践ビジネス英語講座」を開講している。このたび大前氏が監修し、同講座のエッセンスを凝縮した『大前研一の今日から使える英語』(小社刊)が上梓された。同書の中から、ケーススタディをもとにいくつかのコツを抜粋しよう。

 ある外資系企業から、共同プロジェクトを打診されたA氏のケースだ。「Can you do this?」(御社でこれが可能ですか?)と聞かれたA氏はyouが自分のことだと勘違いして焦り「No! I can’t do this!」と答えてしまった。それではせっかくのビジネスチャンスをフイにしてしまう。

 次のようなフレーズを使えるとうまくいく。

「Let me clarify what you said」(おっしゃったことを確認させてください)
「Let me ask some questions」(いくつか質問させてください)

 clarifyはクリアにする、つまり「はっきりさせる」という意味だ。いずれも難しいフレーズではないが、英語でたたみかけられると思考がストップしてしまって「できない」と言ってしまったり、できるかどうか不明なまま「Yes」と言ってしまったりしかねない。わからないまま先に進んで全体が見えなくなる悪循環に陥らないよう、どんどん質問して確認できる「聞き上手」になることがポイントだ。

※SAPIO2014年6月号