アメリカとの差は、なんと2倍! スターバックスのコーヒーが日本だけ異様に高いとネットで話題に

写真拡大

海外サイト「About.com」が報じた、世界各国別スターバックスのコーヒーのお値段。

ここに示された額にインターネットユーザーたちが驚愕、「おいおい、日本は欧米と比べて高いじゃねぇか!」と現在話題になっているみたいなの。

では早速、各国で一体どれくらいの差があるのか、ご覧いただくことにいたしましょう。示した数字は、おなじみ「ドリップコーヒー」のお値段です。

アメリカ:およそ200円
イギリス:およそ160円
日本:320円
香港:およそ360円
中国:160円

ほぉ……日本、アメリカの1.6倍なの……。ってか、イギリスと中国、ドトールよりも安いんですけど! 

しかし調べてみたところ、日本のドリップコーヒーのお値段は現時点では320円と、同サイトが示した価格よりもお安い。そのワンサイズ上、グランデサイズは360円。アメリカには日本にある「ショート」がなく「トール」が最小サイズ、ゆえに、もしかしたらグランデで比較されているのかも?

それにしてもこの結果、確かにビックリですよねぇ。なぜここまで差がつくのか疑問ですが、きっとそれには様々な理由があるのでしょう。でも……1.6倍はやっぱ高いわ! しかし香港よりは安いので、地域差がかなりあるようですね。

一方で、「キャラメルマキアート」や「キャラメルフラぺチーノ」などは各国さして大差なく、物によっては日本のほうが安かったりするから、また不思議。

原材料の価格など、ここにものっぴきならないワケがあるのでしょう。ですが甘い飲み物が苦手な記者としては、オーソドックスなコーヒーこそ安くあってほしい、どうしてもそう思ってしまうわ。

参考元:About.com
執筆=田端あんじ (c)Pouch