「HDW-PD1.0U3」

写真拡大

バッファロー(名古屋市)は、USB 3.0有線接続のほか、Wi-Fi(無線LAN)接続に対応したポータブルHDD「HDW-PDU3シリーズ」として(1TBモデルと500GBモデルを2014年6月下旬に発売する。

特許申請中の長持ちバッテリーも

WindowsOSと、MacOSのパソコン(PC)では、いずれかの接続による外付けHDDとして使用できるほか、スマートフォン、タブレット、Kindle Fireシリーズなどの機器でもWi-Fi接続のHDDとして使用可能だ。

スマートフォン、タブレットに入りきらないデータを本製品に入れ、専用アプリ「Ministation Air2」(無料)で本製品に保存した写真、音楽ファイル、動画ファイル、書類データなどを閲覧可能。また、特許出願中のバッテリー長持ち機能で長時間の使用が可能。保存したファイルの再生には3GやLTEなどの通信回線を使用しないため、電波の届かない場所や新幹線の中でも通信回線の制限を受けずに動画視聴が可能。

Wi-Fi接続のポータブルHDDとしては世界で初めてDTCP-IPに対応。DTCP-IP対応テレビやレコーダーで録画した番組を本製品にムーブして持ち出し、外出先で試聴できる。

価格は、1TBモデルが2万7700円(税抜) 、500GBモデルが2万2100円(同) 。