●ロスタイムメモリー

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©KAGEROU PROJECT/1stPLACE
©じん/1stPLACE・メカクシ団アニメ製作部
<キャスト>
シンタロー(如月 伸太郎):寺島拓篤
エネ(榎本 貴音):阿澄佳奈
マリー(小桜 茉莉):花澤香菜
キド(木戸 つぼみ):甲斐田裕子
コノハ(九ノ瀬 遥):宮野真守
モモ(如月 桃):柏山奈々美
カノ(鹿野 修哉):立花慎之介
ヒビヤ(雨宮 響也):富樫美鈴
セト(瀬戸 幸助):保志総一朗
アヤノ(楯山 文乃):中原麻衣
ヒヨリ(朝比奈 日和):小岩井ことり
ケンジロウ(楯山 研次朗):藤原啓治

●ストーリー
不思議な「目」にまつわる能力を持つ「メカクシ団」のメンバーが、巻き起こる事件の謎を解いていく群像劇。
●プロローグ
木戸 つぼみ「このドアも違う…。」

木戸 つぼみ(キド)は元々は裕福な家に暮らしていたのですが、父の会社の倒産とそれに伴う父の火災による無理心中によって天涯孤独の身となります。

その後、木戸 つぼみは楯山夫妻に引き取られますが…。
●ヒビヤとヒヨリ
シンタロー「家に帰る途中でゲームのキャラみたいな変な奴にあった。人探しをしているみたいだったけど…。」

彼が病院に来ているのは、子供2人が救急車で運ばれたため。そして、その子供とは、

ヒビヤ「あっ!あのときのアイドルのおばさん!」

モモ、ヒビヤに拳骨!

事故に遭ったのはヒビヤでは無く、彼の友達のヒヨリらしいのですが…。

シンタロー「ちょっと待って!事故にあったのは君じゃないのか?」

彼の不思議な言動、確かにシンタローが見たままの状況で言えばヒビヤが交通事故に遭っているはずですが、ヒビヤはヒヨリが交通事故に遭うを防ぐため、自ら交通事故に遭うというパラレルな世界の選択を選んだのです。

その直後、ヒビヤは目から光を出し倒れてしまいます。
●覚醒の秘密
結局、ヒビヤもメカクシ団のアジトへと連れて行かれます。

モモ「これって誘拐じゃ…。」

どのみち、彼も能力の覚醒間近なためメカクシ団へと半強制的に入会となりそうです。

キド「能力の覚醒には何か意識が遠のくようなきっかけがある。」

※例えば、キドの場合は火災による一家心中。モモの場合は海で溺れた等。

ヒビヤ「何だよ、それ?」

それを聞いていたヒビヤ、彼の場合はヒヨリの事故死であろうと思われるのですが…。

もちろん、事故によってヒヨリが死亡した事実は覆るわけではないのですが…。

※ヒヨリは現実世界のどこにもいません。

そんなときシンタローはキドの部屋にアヤノの写真を発見します。つまり、シンタローとアヤノは中学校の同級生であり、この時点でキドやエネとの繋がりもここではっきりと認識します。

「メカクシティアクターズ」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第7話「榎本 貴音の死亡、エネの誕生」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第6話「閃光のエネ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第5話「引○籠もりと記憶喪失」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第4話「答えの無い迷宮」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第3話「モモ、シンタローと再会!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「メカクシティアクターズ」TVアニメ公式Webサイト
「メカクシティアクターズ」AT-X公式Webサイト