●九校戦編

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©佐島勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/魔法科高校製作委員会
<キャスト>
司波達也:中村悠一
司波深雪:早見沙織
千葉エリカ:内山夕実
西城レオンハルト:寺島拓篤
柴田美月:佐藤聡美
吉田幹比古:田丸篤志
光井ほのか:雨宮天
北山雫:巽悠衣子
渡辺摩利:井上麻里奈
服部刑部少丞範蔵:木村良平
十文字克人:諏訪部順一
七草真由美:花澤香菜
市原鈴音:中原麻衣
中条あずさ:小笠原早紀
九重 八雲:置鮎龍太郎
森崎駿:大原崇
壬生紗耶香:戸松遥
桐原武明:杉田智和
小野 遥:丹下桜
司 甲:加藤将之

●ストーリー
魔法。それが伝説や御伽話の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。
そして、春。
今年も新入生の季節が訪れた。
国立魔法大学付属第一高校―通称『魔法科高校』は、成績が優秀な『一科生』と、その一科生の補欠『二科生』で構成され、彼らはそれぞれ『花冠』(ブルーム)、『雑草』(ウィード)と呼ばれていた。
そんな魔法学校に、一組の血の繋がった兄妹が入学する。
兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウィード)。
妹は、全てが完全無欠な優等生(ブルーム)。
どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを寄せる優等生の妹。
二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。
●オープニング
雨の日、司波達也と司波深雪が訪れたのは実家の会社が経営する研究所。

司波達也が持参した試作品「飛行デバイス」。それを見るや否や研究所の責任者が目の色を変えるほどの逸材。

司波達也の能力は本物と言うべき!
●飛行実験
「飛行デバイス」、それを検証するために研究所総動員で飛行実験をします。

研究員A「動いた!」
研究員B「飛んでる!」


あまりの快適さに飛行実験をしている研究員は鬼ごっこまでする始末。

その結果判明したのは現時点では長時間の飛行は困難という事。

司波達也「理論式を効率化しようと…。」

おそらく時間をかければ解決すると思われます。

それにしても四葉家の執事である青木、司波深雪に対する礼節と比べて彼の司波達也に対する態度の悪さと言ったら…。

そんな青木に対して毅然とした対応をする司波達也。そして実の父である司波 龍郎に対しても…。
●水晶眼
九校戦の代表メンバーに選抜された司波達也。そんな彼は二科生からは羨望の眼差しに対して、一科生からは誹謗中傷の嵐。

※一科生にある妙な選民思想とも言うべきなのか…。

夕方、柴田美月は眼鏡を外して能力を発動させ、校舎内で魔法の光が!

建物内へと向かう彼女は吉田幹比古が精霊魔法の実験をしていた現場へと出くわします。

柴田美月「今、様々な色の光が!」
吉田幹比古「水晶眼の持ち主なのかっ!そうなのか!」
司波達也「合意の上なら席を外すが、そうでないなら問題だぞ。」


吉田幹比古の家は精霊魔法の流派。その精霊には色は無く、流派によって色が付いていると認識しているのですが、それが彼女にも見えているようです。

※また、この話は後日に。
●バスジャック
七草真由美「達也くん、どう!似合う?」

1時間半も遅刻してきた彼女、胸元も開いたワンピースで彼を誘惑しようとするもまるで無関心。

※そんな彼は技術スタッフであるため、バスの貨物スペースで移動。

そんなとき突如、バスを囲む黒い車両が!

※バスジャック?

「魔法科高校の劣等生」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第8話「能力を評価するということ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第7話「男は度胸!なんでもためしてみるのさ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第6話「壬生紗耶香、降伏!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第5話「公開討論会」(ネタばれ注意)
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第4話「よくわかる現代魔法」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「魔法科高校の劣等生」TVアニメ公式Webサイト
「魔法科高校の劣等生」AT-X公式Webサイト