家計管理に口座をどう使い分けたらいい?
複数の銀行口座を持っている人も多いと思いますが、家計の管理にはどのように活用しているのでしょうか。教えて!gooには、このような質問が寄せられました。

口座はいくつかに分けていますか?

質問者はファイナンシャルプランナーに聞いた話として、お金は生活費用、貯蓄用、運用用など4つの口座に分けるとよいと紹介しています。質問者の場合、生活費と貯蓄が一緒で、運用口座は証券口座とのこと。この使い分けについて、生活費と貯蓄が一緒なので、余った分が貯金という点が好ましくないと感じているようです。その上で、他の方がどのように口座管理をしているものなのか知りたいと質問しています。

■口座を分ける必要はない

86tarouさんは、「収入があった時点で何にいくら使うかを決めておけば(支出項目毎に細かく決める)、わざわざ口座を分ける必要もないでしょう。適当に使う(残った分を貯蓄する)人ならこれである程度効果がありますが、ちゃんと管理出来ている人なら意味がありません」と話します。

そのうえで、「うちは収入があった時点で支出ごとに振り分け(当然貯蓄も)、その範囲で生活するように努力します。更には、貯蓄も目的別に分けておきます。そうしないと必要な時に困りますし、毎月幾ら貯蓄しないといけないかも分かりませんので」と自身の家計管理方法を紹介しています。

続いてma-fujiさんは、「『総合口座』であれば、『普通預金口座』と『定期預金口座』がセットです。なので、総合口座であれば、同じ金融機関でも生活費用と貯蓄用に分けることができするので、そのようにしています。普通預金で貯まれば(100万円)、それをそのまま同じ銀行の『定期預金』に回します」として、総合口座での管理方法を回答。そして、質問者と同様に、「投資用としては、証券会社に口座を開設」しているそうです。

口座ごとにお金を管理し、貯蓄ができれば、無理に口座を分ける必要はないのかもしれません。

■4つの口座を活用

一方no2nna8nさんは、「1.生活費用」「2.貯蓄用(普通口座)」「3.貯蓄用(定期講座)」「4.投資用」の4つの口座で管理しているそうです。

貯蓄用の2口座は、「いざという時すぐ引き出せるように流動性重視なので、普通口座」を利用し、3.貯蓄用(定期講座)は、「将来への備えとしてのお金。安全性と金利重視」という分け方とのこと。4.投資用は「証券会社の口座です。株買います」としています。

口座の目的を明確にし、安定資金を確保することでリスクヘッジしたうえで、投資を行っているようです。

運用に力を入れるのであれば、安定資金の明確な管理が必要です。口座を分けた結果、煩雑になって管理できなくなるのでは元も子もありませんよね。寄せられた回答も参考にしたうえで、自分に合った口座管理方法を見つけることが賢明といえそうです。

1000本 ノッカーズ(1000 knockers)