今年前半は、ボックス圏での値動きが続いた日本株だが、反転攻勢の日は、そう遠くない。では、そのタイミングはいつになるのか?

 6月2日に発売された『マネーポスト』(小学館)最新号では、「10万円で今買いたい株 ベスト40」と題して、夏のボーナスで仕込みたいお宝銘柄群を完全ランキングした。

 混迷続くウクライナ情勢や、4月の消費増税の影響で景気悪化が指摘されているにもかかわらず、日本株が大きく下落しないのはなぜだろうか。実はそこに、日本株の強さのヒントが隠されている。

 というのも、米国がテーパリング(金融緩和縮小)を続けている反面、日銀は異次元の金融緩和を続け、さらなる追加緩和まで期待されている。米国がシナリオ通りに年内にテーパリング完了、来年半ばに利上げともなれば、日米金利差はさらに開くことになる。

 資金は金利の高い方に流れるので、先を見越してドルが買われて円が売られることで、円安進行が加速すると予想されているのだ。グローバルリンクアドバイザーズ代表・戸松信博氏が解説する。

「秋口くらいから一層の円安が予想され、今年後半には1ドル=110〜120円の円安も現実味を帯びてくるでしょう。それを好感して日経平均株価が年末に1万7000円を突破していても、なんら不思議はありません」

 そうした相場環境をわかっているからこそ、ヘッジファンドを筆頭とする外国人投資家も、日本株を大きく売り込むことができないのが現状だ。

 となれば、日本株が当面のボトムにある今こそ、仕込みの好機であるのは間違いない。

『マネーポスト』では、前出・戸松氏をはじめ、カブ知恵代表・藤井英敏氏らカリスマ・アナリストたちが、10万円で買える珠玉の銘柄を完全ランキングした。短期急騰狙いの株から、中長期での大化け期待の株まで、株価3倍も狙えるお宝銘柄の数々を一挙大公開している。

 また、今年後半の日本株を語るうえで外せないのが、IPO(新規上場)市場だ。10月にも上場予定のリクルートホールディングスをはじめ、LINEやエリーパワー、すかいらーくなど、注目の大型案件が目白押し。

 それぞれの銘柄別にどんな投資戦略をとればよいのか、投資情報サイト「東京IPO」編集長・西堀敬氏が、IPO投資の最新動向とともに解説する。

 その他、FX(外国為替証拠金取引)業界や投資信託の最新トレンドなど、お得な投資情報が満載。『マネーポスト』最新号を、あなたの資産形成にぜひ役立ててほしい。

※週刊ポスト2014年6月13日号