弁護士の落合洋司氏が5月31日、バラエティー番組「アッコにおまかせ!」(TBS系)の態度が横着だとして、自身のツイッター上で怒りをぶちまけた。

落合弁護士は同日午後、ツイッターに「アッコにおまかせから、また性懲りもなく電話があった」と投稿し、「二度と電話するなよと言っておいたが、馬鹿だから他にどれだけ伝わるか」と不満をあらわにした。

このようなツイートをした原因は番組スタッフの態度にあるようで、「実に横着で、わからないことを、自分で調べず、他人に丸投げで聞いてきて、散々説明させ、ギャラも払わず、番組でも何ら紹介せず、ばかり。俺はお前らのアシスタントじゃねーよ。馬鹿が」と続け、怒りをヒートアップさせた。






さらに「アッコにおまかせみたいな、陳腐なバラエティ番組にへいこらするほど困ってないんだな。(笑)もう電話するなよ」と述べ、番組側に今後一切連絡してこないようツイッターを通じて忠告した。





番組スタッフが落合弁護士にどのような連絡をしたのかは不明だが、ツイッターの内容から、安易な質問、または協力を求めたものと推測できる。

落合弁護士の怒りはなかなか収まらず、その後も番組へに対する不満ツイートを連続して投稿。「テレビには皆が協力すべきもの、という、傲慢、独善的な、ねじれた考えが染み付いているのだろう」と批判し、「電話してくる奴も、頭も人間性も、いかにも低レベル。馬鹿丸出し」と切り捨てた。




なお、パソコン(PC)遠隔操作事件では、片山祐輔被告が逮捕される直前の5月16日、落合弁護士のもとに「真犯人」を名乗るメールが届いた。また落合弁護士は6月1日にも「片山氏に『自作自演を指示』した」などと主張する真犯人を名乗る人物からメールが届いたことをツイッターで明らかにしている。

【関連記事】
和田アキ子、SMAP中居正広の「パチンカー」ぶりを目撃? 過去にはテレビで放送されたことも
「スッキリ!!」生放送中、加藤浩次が山里亮太にブチ切れ 「『お前』って誰に言ってんだ、この野郎!」
オードリー・若林正恭、収録で心理学者にキレてしまい現場はとんでもない空気に 「オールナイトニッポン」で告白