<ザ・メモリアル・トーナメント 3日目◇31日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(7,352ヤード・パー72)>
 米国男子ツアー「ザ・メモリアル・トーナメント」の3日目。5位タイからスタートした松山英樹は、6バーディ・3ボギーの“69”をマーク。この日もスコアを3つ伸ばし、トータル10アンダーとし首位と2打差の単独3位で最終日を迎えることとなった。
松山のスコアを「リーダーズボード」でチェック!
 この日、トータル7アンダーからスタートした松山は3番、4番と連続バーディを奪うなどスコアを2つ伸ばして前半折り返すと、後半立ち上がりの10番でもバーディ。続く11番、12番では連続ボギーを叩くが、15番パー5ではカップを蹴られる惜しくもイーグルは逃すも、落ち着いてバーディパットを沈める。そして、ここまで2日連続でバーディを決めている最終18番でもこの日6つ目のバーディを決めトータル10アンダーでフィニッシュ、単独3位に浮上した。明日は最終組の1つ前、アダム・スコット(オーストラリア)と同組で回る。
 先週は3日目に首位タイに立つも、最終日にパットに苦しみ10位タイに終わった松山。先週は悔しい結果となったが、1週間後、早くもリベンジのチャンスが訪れた。今回は追う立場となるが、その差はわずか2打。得意の18番までにスコアを伸ばし、最終ホールで歓喜の瞬間を迎えたいところだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>