悲運のオリ金子、大記録は幻に

ざっくり言うと

  • オリックス・金子千尋が5月31日の巨人戦に先発
  • 9回を無安打の快投だったが、打線の援護がなく、0―0の9回の打席で代打を送られた
  • 試合は延長12回に馬原孝浩が亀井善行に決勝ソロを浴び、金子の好投は報われなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング