米株でいま元気なのが自動車株。 その中で注目の2銘柄とは?

写真拡大

【今回のまとめ】
1.米国株式市場は上昇しているが出来高は少ない
2.メモリアル・デーの週は経験則的には高いが、近年はそれが当てはまらなかった
3.自動車部品関連株が元気だ
4.ジェンサームはカーシート・ヒーターの流行の恩恵をこうむる
5.テネコは排ガス規制強化の恩恵をこうむる

閑散の中、上昇した米国株式市場

 先週の米国株式市場は、ダウ工業株価平均指数が+0.7%、S&P500指数が+1.21%、ナスダック総合指数が+2.33%でした。

 指数はどれも高いのですが、出来高は極めて低調で、しかも相場が高い日ほど出来高が少ないという、テクニカル的には余り感心しない展開になっています。

メモリアル・デーの週のジンクス

 5月26日(月曜日)はメモリアル・デーで米国の株式市場は休場です。従って今週は立会日が4日しかない短い週となります。1971年以降のメモリアル・デーの週の週間パフォーマンスは、平均すると+0.56%であり、週間ベースでこの週がプラスで終わる確率は60.5%でした。但し、2010年以降はどうもパッとしない年が続いています。

自動車部品関連株が元気

 さて、最近の相場で値動きが良く、回転が効いているセクターに自動車部品関連株があります。

 自動車部品関連株の業績は北米自動車販売台数に左右されます。その販売台数はリーマンショック後の落ち込みから回復の途上にあります。

 去年の実績は1550万台で、前年比+7.6%でした。今年もその水準からさらに改善することが見込まれています。とりわけピックアップ・トラックは景気後退の期間中、長く低迷したので、かなり大きな買い替え需要が見込まれています。

カーシート・ヒーターのジェンサームが好調

 自動車部品関連株の中で特にパフォーマンスの良いのがジェンサーム(ティッカーシンボル:THRM)です。

 同社はカーシート・ヒーターを作っています。カーシート・ヒーターはこれまで高級車だけに採用されてきました。しかし最近は大衆車でもカーシート・ヒーターを採用する例が増えています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)