ネットで援交、摘発が増えた補導

ざっくり言うと

  • 警視庁では昨年4月、18歳未満の少年・少女のサイバー補導を開始
  • 過去の児童買春などが発覚し、加害者が摘発されるケースが増えている
  • サイバー補導を端緒に、少女らを派遣する売春組織が明らかになる可能性は高い

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング