藤原vs山田「MONSTERZ」が初日、初めての共演で互いの印象は?

写真拡大

“全ての人間を操れる力を持つ男”と“その能力が唯一通じない男”の激突を描いた映画「MONSTERZ モンスターズ」の初日舞台挨拶が5月30日、都内で行われ、藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、落合モトキ、中田秀夫監督が登壇した。

この日、藤原は「今日、いよいよ初日を迎えて緊張しています」と挨拶。続けて「自分の世界を作り上げ、過去を背負い、山田くん演じる終一を死んでも殺すと言っているのに絶対に死なない…そんな映画になっています」と映画を紹介し、山田も続けて「予告編の感じでは緊迫したシーンの続くアクションが続くように見えるかもしれませんが、映画はそういうシーンの後に裸の男が出てきて、緊迫したシーンの後に裸の男が出てきて…(笑)」と紹介。藤原がすかさず「そんなに出てないでしょ?」とツッコミを入れると、ふたりでボソボソと言葉を交わし、映画撮影から長きに渡って行われたプロモーションを通じてすっかり打ちとけた様子を見せた。

石原は「お客さん1人1人に感想を聞きたいぐらいです。緊迫したシーンの後、私が登場するシーンでひと息付いてもらえると思います。肩の力を抜いて見てください」と挨拶。終一の仲間でゲイであるジュンを演じた落合は「太賀もここに来たかったと思います」と共演者を気遣い、中田監督は「無事初日を迎えることができました。僕にとって肉弾戦のアクションは初めてで、しんどかったけど楽しく作ることができました」と語った。

また、藤原は初共演の山田について「これまで出会っていたようでなかった初共演で、色々勉強になる部分があって楽しかったです」と振り返り、山田は「藤原さんの演技にものすごい執念を感じました」と印象をコメント。

石原に「この映画はアクションにCGを使っていないんですよね?」と聞かれた中田監督は「“極力”使わないようにしました。でも、僕の出演シーンは使ってるんです(笑)」と自ら出演していることを明かし、会場を驚かせた。

そして藤原と山田の“早口言葉対決”が行われ、最後は藤原が観客に向けて「全国を周ってきて宣伝してきたので、今日公開を迎えられてうれしいです。心からみなさんに感謝します、ありがとうございました」と語り、イベントを締めくくった。

映画「MONSTERZ モンスターズ」は新宿ピカデリーほか、全国で大ヒット上映中。