フードコーディネーターのSHIORIさんが登場

写真拡大

米国のかんきつ類生産出荷協同組合であるサンキスト・グロワーズは2014年5月20日、プレスイベント「Sunkist Showcase;Spring/Summer 2014」を開催した。

サンキストは3,000以上のかんきつ類(シトラス)の生産農家によって構成されており、世界でもっとも長い120年以上の歴史を持つ。そのシトラス文化やライフスタイル等を伝えることを目的にしたイベントだ。

旬や特徴、使い方は品種によって異なる

シトラスは豊富に含まれる食物繊維やビタミンCにより、ダイエットやアンチエイジング効果で注目を集めている。その旬や特徴、使い方は品種によって異なる。

たとえば、オレンジは、今の時期は、ネーブルオレンジにとってかわり、バレンシアオレンジが旬を迎えている。バレンシアオレンジは小ぶりだが果汁が多くて果皮が薄く、種も少ないので、料理だけでなくジュースにも最適という。

グレープフルーツの今の旬は、「女性に人気」というスタールビーグレープフルーツで、ピンク色の果肉が特徴だ。また、チャイニーズグレープフルーツ、あるいはブンタンなどとも呼ばれる「ポメロ」はかんきつ類の中でもっとも大きな果実で、皮が非常に厚いので、冷蔵で傷がつかないように保存すると数週間から半年は持つという。

ほぼ1年を通して入手可能なレモンはビタミンCに加え、カリウムの吸収率を引き上げ、減塩をサポートする。塩分過多になりやすい現代人の食事には強い味方になりそう。アメリカでは「ソルタナティブ」といって、塩の代わりにレモンを使うライフスタイルも提唱されているそうだ。

「家族のために作ってあげたいシトラスごはん」

「24時間サンキストな毎日を」をテーマに、サンキストの歴史やサンキストが誇るオレンジ、グレープフルーツ、レモンをはじめ、さまざまなかんきつ類の健康効果の説明が行われた。

また、スペシャルゲストとして「作ってあげたい彼ごはん」で有名なフードコーディネーターのSHIORIさんが登場。SHIORIさんは今までかんきつ類をフレッシュなまま食べていたが、ここ2年ほど料理の勉強でイタリアやフランス、タイ等に行った際、かんきつ類が使われた料理を多く体験し、自らの調理にも取り入れる機会が増えたという。

そうした経験を踏まえ、イベントのためにSHIORI流「家族のために作ってあげたいシトラスごはん」のレシピを考案。Wオレンジのふわふわフレンチトーストやグレープフルーツとレモンの海鮮ちらしずしなど、計6つのレシピを披露した。

かんきつ類を料理に使うポイントとしては、「普段お酢を使っている料理に、お酢の代わりにかんきつ類を使ってみるのがよい」とアドバイスした。とくに魚介類との相性が良いという。

また、サンキストはレシピブログとのコラボにより、「サンキスト・シトラス初夏のさわやかレシピコンテスト」を開催する。6月4日から7月3日の間に投稿を受け付け、結果は8月4日に発表される。審査員として人気料理ブロガーのhappyさんが参加する。