左:沖田修一

写真拡大

沖田修一監督の最新作『滝を見にいく』が、6月9日に東京・新宿のシネマカリテで先行プレミア上映される。

【もっと大きな写真を見る】

同館で開催中の映画祭『カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2014』のシークレット作品として、11月の一般公開に先駆けて上映される同作。「温泉付き紅葉ツアー」に参加した7人の「おばちゃん」を主人公に、ガイドがいなくなったことから山の中に取り残された年齢も性格も異なる彼女たちが、サバイバル生活を通して日常生活の中で忘れかけていた自分を取り戻していく様をコミカルに描く。

監督・脚本を手掛けるは、『南極料理人』『横道世之介』で知られる沖田修一。主人公のおばちゃん達は、「40歳以上の女性、経験不問」という条件のもとに開催されたオーディションで選出された7人が演じる。

なおプレミア上映会では、沖田監督と同作に出演している黒田大輔による舞台挨拶も行われる予定。