産前産後の変化

写真拡大

養命酒製造は「子育てママの"疲れ"に関する調査」というテーマでインターネット調査を行い、結果を公表した。

それによると産後は不調が激増し、「疲れやすい」の割合は産前の2倍以上に。子どもを産む前と産んだ後に感じていた身体の不調を聞いたところ、産前に最も感じていた不調は、「冷え」が35.4%で最も多く、一方産後は「疲れやすい」が52.3%で最高だった。また、産前産後で比較すると、18項目で不調を感じる割合が増加した。

子どもが多いほど疲れを感じている

産後に急増した不調トップ3は「体型の変化」「疲れやすい」「イライラする」。もっとも変化があった項目は「体型の変化」で、産前の8.1%から産後は44%が感じるようになり、その差は35.9ポイント。次いで、「疲れやすい」が31.9ポイント差(前20.4%、後52.3%)、「イライラする」28.3ポイント差(前14%、後42.3%)と産前産後で体調に大きな変化があることがわかった。

また、最近疲れを感じているかを聞いたところ、「とても疲れている」と「まあまあ疲れている」と回答した人を合わせると全体で86.4%にものぼった。これを子どもの人数で比較をしてみると、1人では84.6%、2人だと85.6%、3人以上では90.8%という結果に。子どもの人数を問わず8割以上が疲れを感じていた。同社では「子どもが1人のママと、子どもが3人以上のママを比較してみると6.2ポイントの差で、子どもが多いほど疲れを感じているようです」と分析している。

調査の対象としたのは全国の子どもと同居する30〜49歳の女性1000人で、調査期間は2014年5月9日から12日まで。