ポイント残高が、いきなり100万円……使う?使わない?「使う54.2%」

写真拡大

そんなことはありえないとは思いますが、もしもポイントカードに突然100万円が付与されていたら……あなたは使う? それとも正直にお店に申告する? ポイントとお金の微妙な考え方の違いを、働く男女に聞いてみました。

Q.もしも、ポイントカードになぜか100万円分のポイントが入っていました。あなたは使ってしまいますか?それとも店におかしいことを指摘しますか?

「使ってしまう」54.2%
「おかしいと指摘」45.8%

■ポイントはあくまで「おまけ」だから、くれるものなら使ってしまう

・「いったん入ったなら、何か自分が知らないキャンペーンでもやっていたんだろうと思ってしまうから」(35歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「それなりの理由があるのだろうと思って使う」(27歳女性/情報・IT/営業職)

・「もしかしたら、ためていたのかもと思うから」(26歳女性/情報・IT/営業職)

ポイントはあくまでお店がくれる「おまけ」。そのため100万円分ポイントがついていても、あまり気にせず、さっさと使ってしまうという方が多くいました。「おまけ」が多かろうと少なかろうと、もらう人にとってはやっぱり「おまけ」でしかないようです。

■多くもらったのは、神様からのプレゼントだから、もちろん使う!

・「神様からの贈り物」(22歳女性/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「入ったものは使うのみ!」(28歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「とりあえず使ってから考える」(39歳男性/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

またポイントを使う方の中には、むしろ積極的に使い切ってしまうという方もいました。これはお店もポイントの扱いには、慎重になった方がいいかも!?

■「金の斧と銀の斧」作戦で、正直にお店に申告する

・「正直に言えば少しはもらえそう」(32歳男性/学校・教育関連/専門職)

・「使ってしまった後から請求されても返せない金額なので、おかしいと正直に指摘して、いくばくかのお詫びというか謝礼というか、そういうものをゲットする」(32歳女性/運輸・倉庫/営業職)

100万円ポイントをもらえたとしても、それが間違いの可能性が多い以上、使い切るのは良心が痛むもの。そんな人は、「金の斧と銀の斧」作戦で、正直にお店に申告するようです。自分も気持ちがいいし、お店からお礼を言われて、さらに謝礼ももらえる可能性があるなら、一番いい方法かもしれません。

■間違ってもらったポイントを、勝手に使ったら犯罪に?

・「やましい事はしたくないので。気持ちもモヤモヤするし、後から露見して訴訟などになっても困る」(28歳女性/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「後で不正が発覚するのがオチ」(33歳男性/金融・証券/その他)

・「それが変なルートで入ってたら、犯罪になるから」(30歳男性/食品・飲料/技術職)

ポイントが法律の対象外になるのは、それが値引き等に使われるからで、なおかつ無料で企業やお店から本人に与えられるものだから。もしそのポイントが違う人に対して与えられたものだったり、不正なルートで与えられたものだったりしたなら、知らなかったにせよどんな法律に引っかかるか、わかったものではありません。

やっぱり入手ルートが怪しい多額のポイントは、きちんとお店に確認するのが、一番安心ですね。

ポイント制度はわかりやすいようで、実は複雑に法律がからんでいるケースがあります。怪しいポイントの動きを見つけたら、まずはお店や企業に相談し、正しく対処してもらうようにしましょう。ただ100万円のポイントが勝手につけられていることは、さすがにないとは思いますが……。

※マイナビウーマン調べ(2014年4月7日〜5月1日にWebアンケート。有効回答数461件。社会人男女)