極小の「生きた化石」NZ沖で発見

ざっくり言うと

  • 極小の「生きた化石」が、ニュージーランド沖で生息しているのが見つかった
  • この微生物は、海洋性環形動物の体内にコロニーを作る
  • 化石研究で、古くは1億7000万年前のものが欧州と中東で見つかっていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング