古美術アイドル? 和田彩花(スマイレージ)が見つめる美の世界〜『乙女の絵画案内』に寄せて〜
ニンテンドー3DS『ヒーローバンク』でシナリオを担当した人気ゲームプロデューサーの結城昌弘氏。アイドル、ひいてはスマイレージが好きすぎるという理由で、日刊SPA!にて寄稿したばかりの同氏が、今度は女子SPA!にて“古美術アイドル”和田彩花論を展開する。

 モーニング娘。’14らを擁するハロー!プロジェクトに「スマイレージ」というグループがいます。来たる7月15日に日本武道館での単独公演も決定し、さあこれから頑張っていきましょうという感じで盛り上がっているグループなんですが、もう一つ、最近注目されているトピックがあります。それは、リーダーの和田彩花が今年の3月に出版した、書籍『乙女の絵画案内 「かわいい」を見つけると名画がもっとわかる』(PHP新書)です。

※4月30日発売の16thシングル『ミステリーナイト!』『エイティーン エモーション』のPVはYouTubeで視聴できます。

⇒【YouTube】スマイレージ 『ミステリーナイト!』 http://www.youtube.com/watch?v=gh6-f1EV_14

⇒【YouTube】スマイレージ『エイティーン エモーション』 http://www.youtube.com/watch?v=fAPI8PW2q-A

 彼女は2010年4月に、東京の丸の内の三菱一号館美術館で開かれた『マネとモダン・パリ』展を“たまたま”鑑賞したことを契機に、絵画の世界に目覚めます。その後、進学した大学でも美術史を専攻するなど、実にどっぷりとハマっていくわけですが、そんな彼女による絵画ガイドが本書です。

 現役アイドルによる絵画案内書ということで、その内容に対して「ふーむ」といぶかしがる方もおられるかもしれません。ですが! あなどるなかれ、です。彼女の筆致は、その手の想像を軽々と越える豊かさに溢れています。

 まず、大前提として、絵画に対しての姿勢が非常に真摯です。単に見たまんまの感想ではなく、一枚の絵にある歴史的背景や周辺あるいは後世への影響をしっかりと掘り下げつつ、愛情ある視座による分析、想像を添えて、それが非常に読みやすい素直な文体で伸び伸びと書き綴っています。

 そこかしこから素晴らしい作品と出会ったことへの喜び、感動がにじみ出ており、それが読んでいてひしひしと伝わってきます。著者の、さらに本書プロデュースの櫻井孝昌たち作り手の“熱”が込められた一冊です。

 本書は一貫して“女性”がモチーフとして取り上げられている絵をチョイスしています。それらを和田の「アイドルとしての自分」、ひいては「女性としての自分」、そして「絵画を愛する自分」といったようなフィルターを通して“和田彩花自身”で向き合っています。単なる“キャラ付け”なんかではないんです。彼女は自分が美しいと思うものを、ただ素直に“素晴らしい”と語っているんです。なので、読後感が清々しく、翻って自分も、いつまでもかくありたいなと思ったりもしますね……。

 ともかく!「美術の世界って小難しい」と思われている方に全力でおススメしたい一冊です。めでたく増刷も決まりました。書店などでお見かけの際は、このアイドル史上でも稀有の一冊を是非手にとってみてはいかがでしょうか?

 さて、この本は絵画にフォーカスしていますが、彼女は別に好きなジャンルがあります。それは「仏像」なんです。こちらについては後編で!

⇒後編「古美術アイドル? 和田彩花(スマイレージ)が見つめる美の世界〜仏像〜」 http://joshi-spa.jp/95815

<TEXT/結城昌弘>
ゲーム開発会社・株式会社プラネットG所属のプロデューサー/シナリオライターでありDD。近作はニンテンドー3DS「ヒーローバンク」でシナリオを担当。アニメも月曜18:30からテレビ東京系6局ネットで放送中!