日本の紙おむつの市場規模は、3000億円といわれる。とりわけ急成長を遂げているのが大人用の紙おむつである。2007年には45億枚程度だった大人用おむつの生産量は、2013年にはおよそ65億枚にまで成長した(日本衛生材料工業連合会調べ)。1980年代の後半から大人用おむつ市場に本格参入したユニ・チャームの香川県観音寺市にある四国工場へ足を運び、大人向けおむつのひとつ、男性専用の尿漏れパッド開発について訊いてきた。

 おしっこを出し切った。そう思ってパンツをあげると、“ちょろっと”漏れてしまったことに気づく。日本の成人男性の6人に1人、50歳を超えると実に3人に1人がこういった尿漏れの経験者だという。しかし、こうした男性の尿漏れに対処する商品は少なく、女性用の尿漏れパッドなどを下着に装着して間に合わせてきた方も多い。

 ユニ・チャームはこの春、男性専用の軽失禁用パッド、『ライフリー さわやかパッド 男性用』を発売した。

「試作品は50パターン以上作りました」

 そう言って笑うのは商品開発部チーフテクノロジストの中嶋海陽氏だ。当初は女性用尿漏れパッドを改良すればそれなりのモノができるだろうと考えていたが甘かった、と語る。

「女性と違って男性は性器が外に出ているため、上下左右に動きます。これを違和感なく包み込むためには全く新しい考え方をしないとダメでした」

 とはいえ、どのような形状にすればいいのか。プロジェクトスタートから約1年、袋小路に陥った開発チームの道を照らしたのが上司のこんな一言だったという。

「野球のキャッチャーとか、アメフトの選手は股間に防御カップを入れてるだろ、アレがヒントになるんじゃないか?」

 中嶋氏はすぐに香川県中のスポーツ用品店をまわり、防御用カップを買い漁った。

「実際に装着してみて“これだ”と思ったのがキャッチャー用の防御カップ(ファウルカップ)でした。包まれている装着感があり、安定感もある。ようやく商品コンセプトが見えた瞬間でしたね。従来の試作品は“平面”でしたが、防御カップのような“立体感”こそ、男性性器を包む際に必要だということに気づいたんです」(中嶋氏)

 幸い、“超立体マスク”をはじめ、同社には平面の紙を立体構造にするノウハウがあった。

「吸収体の内側に、カップ構造を促すような“折り目”をつけて立体を実現させました」(中嶋氏)

課題はまだあった。 男性は性器の構造上、股間の前部分にパッドの中心をそろえなければならない。パッドは垂直に近い角度でパンツの中に収まることになる。尿は当然、下に流れようとする。漏れの原因だ。これを防ぐために前後に折り返しのポケットをつけた。

「これで、しっかりと水分を受け止められる」

 課題が見つかるたびに、開発者たちは夜遅くまで研究室にこもって解決策を探した。試作品が完成すれば全員がまずそれを試着したという。

「装着して歩く、走る、しゃがむ、ジャンプする。みんないろんなことをやってみるから、ちょっと異様な雰囲気ですよね。中には数日間ずっと穿き続けて、不備がないかを試す人もいました」

 苦労を重ねただけに、実際の商品がベルトコンベアーを上がってきたときは思わず涙が出てしまいましたよ、と中嶋氏は感慨深げに語った。

※週刊ポスト2014年6月6日号