●起死回生(フェイクエンド)

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
© 2014 榎宮祐・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/ノーゲーム・ノーライフ全権代理委員会
<キャスト>
空(そら):松岡禎丞
白(しろ):茅野愛衣
ステファニー・ドーラ:日笠陽子
ジブリール:田村ゆかり
クラミー・ツェル:井口裕香
フィール・ニルヴァレン:能登麻美子
初瀬いづな:沢城みゆき
初瀬いの:麦人
テト:釘宮理恵

●ストーリー
ニートでヒキコモリ……だがネット上では『   』くうはくの名で無敗を誇る天才ゲーマー兄妹・空と白。ただの都市伝説とまで言われるほどの常識外れな腕前を持った空と白の前に、ある日“神”と名乗る少年・テトが現れる。
テトはリアルをクソゲーと呼ぶ空と白の二人を異世界へと召喚してしまう。そこは一切の争いが禁じられ、全てがゲームで決まる世界だった!
異世界に住まう十六の種族の中で最弱の人類種イマニティ。多種族に国土の大部分を奪われ、滅亡寸前に追い込まれている人類種を救うため、空と白は空前絶後の頭脳バトルに挑む!
●オープニング
東部連合にある在エルキア大使館にやってきた空と白達。現在そこの主は獣人種(ワービースト)。

※エルキア国内に大使館はありますが、大使館は東部連合の領土扱いになります。

初瀬いの「在エルキア東部連合大使の初瀬いづなに用があるのですな?」

空が何も言わなくても心が読める獣人種。もちろん空の目的は…。
●初瀬いづな
ちなみに事実上のアポ無し訪問のため、初瀬いの以外の獣人種には妙に敵視されているようです。しかもジブリールの数々の暴言に対して、温厚な初瀬いのも御立腹気味!

初瀬いの「お待たせしました。初瀬いづなでございます。」

初瀬いづなは初瀬いのの孫娘。見た目は白と同じくらいの可愛い幼女ですが、

初瀬いづな「なに気安く触ってやがる、です。」

彼女のあまりの迫力に、空と白、怯える!

ところが、

初瀬いづな「なに勝手に止めてるの、です。早く続きをするのだ、です。」

妙な丁寧語ですが、どうやら喉鳴らしが気に入った様子の初瀬いづな。

※逆にその行為が気に入らない初瀬いの。
●空の消滅
空「爺さん、お孫さんのパ○ツを賭けてゲームをしてくれ!俺はステフのを賭けるから。」
初瀬いの「簀巻きにして叩き出して欲しいなら早く言え、糞猿!」

もちろん、これは空の策略。獣人種が心を読める能力があるかの検証をするためだったのです。

※実際は心を読めるわけではなく、卓越した洞察力を有していたに過ぎなかったのです。

空と白の本当の目的は、東部連合全てを賭け、ステフのパ○ツを対価に国家ゲームを挑む事だったのです。

空「これで東部連合は詰んだのだよ。」

それはゲームに負けた事実のみを残して、記憶を消去するという不可解な現象を元に解析をしていった結果、そして東部連合にあった電子モニター、しかも以前見たことがあるはずのジブリールがそれを知らない。それらから導き出される答えは、

空「チートし放題のTVゲーム!」

※チート=ゲームのプログラム等を改造すること。勿論、作り手側からみればイカサマも簡単に出来る。

空は前国王の残した日記(守秘義務の盟約に死後は含まれない)からゲーム内容を把握しているので、彼にとっては必勝とも言える状況なのです。

空「賭けの対価を追加する。人類種の全てを賭ける!」

もちろん、TVゲームについては空と白はどんなものであっても絶対勝てる自信があるわけで…。

初瀬いづな「良く分んねえ、です。でも空と白、いづなに喧嘩ふっかけてきやがった、です。」

もちろん、人類種と獣人種の全てを賭けた大規模なものになるため、勝負の日を改める事になりますが…。

これだけの話、空と白に人類種からもクレーム殺到。当然ながら、人類種にも空と白に勝負を挑むものが出てきます。

そして、空はその後、存在そのものを消滅させてしまいますが…。

「ノーゲーム・ノーライフ」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第7話「違和感」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第6話「壮大な布石」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第5話「偶然と思われる必然」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第4話「とんでもねえ、あたしゃ神様だよ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第3話「意思を持ったチェス」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「ノーゲーム・ノーライフ」TVアニメ公式Webサイト
「ノーゲーム・ノーライフ」AT-X公式Webサイト
「ノーゲーム・ノーライフ」テレビアニメ化記念SP 「ノゲ杯☆最強ゲーマー決定戦」