『海を感じる時』ポスタービジュアル ©2014「海を感じる時」製作委員会

写真拡大

9月13日から東京・テアトル新宿ほか全国で公開される中沢けい原作の映画『海を感じる時』の予告編が公開された。

【もっと大きな写真を見る】

同作の原作は、中沢けいが18歳のときに発表し、『第21回群像新人賞』を受賞したデビュー作。1978年の刊行当時は、現役女子高生が書いたスキャンダラスな文学として話題を呼んだ。映画版は『blue』や『僕は妹に恋をする』を手掛けた安藤尋がメガホンをとり、少女から女へと変貌をとげようと葛藤する主人公・恵美子とその高校の先輩・洋の物語を繊細かつ大胆に映像化する。

今回公開された予告編は、市川由衣演じる恵美子が池松壮亮演じる洋を追いかけ、「してくれなきゃ帰れない」と迫真の表情で語るシーンをはじめ、制服姿の恵美子と洋のキスシーン、洋に体を預けた恵美子に対して「女の人の体に興味があっただけ。君じゃなくてもよかった」と洋が語るシーンが織り交ぜた内容。さらに下着姿で洋へ想いを告白する恵美子の姿、恵美子に殴打される上半身裸の洋の姿などが捉えられている。