1円玉が100万枚……ほしい?いらない?「欲しい:77.9%:少しずつ使うので欲しい」

写真拡大

消費税があがり、おつりに混じることが増えてきた「1円玉」。正直、少しうっとうしく感じることも多い「1円玉」ですが、もしも100万円分だったらどうでしょう。あなたはもらう? それとも、もらわない? 働く男女に聞いてみました。

Q.もしもあなたが100万円分の1円玉を手に入れる方法があったとした場合、それでも欲しいですか?

「欲しい」77.9%
「いらない」22.1%

■100万円分だったら、話は別!

・「1円でも100万円は100万円だから。それにちょっと見てみたい」(33歳女性/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「ちりも積もれば山となる。1円玉だからって100万円もらわないなんてありえない」(26歳女性/商社・卸/事務系専門職)

・「銀行の行員さんに迷惑をかけてもいいからお札に替える」(28歳女性/学校・教育関連/クリエイティブ職)

おつりとしてもらう分には、うっとうしいことも多い1円玉ですが、100万円分なら話は別です。喜んでもらうという方が、たくさんいました。それがどの位のものなのかを見てみたいという方も。

■「1円玉100万円分は1トンになりますが?」→「それでもいいから、ほしい!」

・「1トンもあるからすごく困るだろうけれど、換金してしまえば済む。お金に変わりは無い」(27歳女性/ソフトウェア/技術職)

・「場所を用意するのでほしい」(30歳男性/小売店/クリエイティブ職)

・「部屋中を1円玉でうめつくしたいから」(28歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

1円玉1枚は1グラム。つまり100万円分の1円玉は1トンという計算になります。そんな計算をしても、決してひるまない猛者たちもいました。部屋中に1円玉……という光景、ちょっと見てみたいですね。

■「100万枚の1円玉、どうやって使う?」→「こつこつ使う」

・「銀行へ持っていけばいいのかな? でも少しずつ使うのも楽しそう」(22歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

・「こつこつと使っていきます!」(37歳女性/商社・卸/事務系専門職)

・「消費税対策で使う」(32歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)

銀行に持っていくという人が多かった中、1円玉を両替せずにこつこつ使うという人も! 使っても「家にあと、○万枚ある」と思うだけで、リッチな気持ちが味わえそうです。

■100万円でも、1円玉ならいらない!という人も?

・「金融機関に持っていくと変な人に思われるから」(27歳女性/電機/技術職)

・「収納スペースがない」(27歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「その労力で1,000万円手に入れるから」(30歳男性/自動車関連/技術職)

「100万枚の1円玉を持つ変な人」になる位なら、いらないよ、とキッパリ宣言する方もいました。また、その労力を使って10倍返しするという方も。あっぱれな決断力です。

正直、うっとうしく感じることが増えた1円玉ですが、チリも積もれば山となる。お財布にたまっても邪険にせず、こつこつと100万枚集めるのも悪くはないかもしれません。銀行の皆さま、こんな人があらわれても、嫌な顔をせずに接客してくれるとうれしいです。

※マイナビウーマン調べ(2014年4月7日〜5月1日にWebアンケート。有効回答数461件。社会人男女)