丸い円盤型の機械が部屋を歩き回り、掃除をするお掃除ロボットといえば米国アイロボット社の「ルンバ」を思い浮かべる人が多いだろう。今年3月、吸引力が5倍に進化したロボット掃除機の開発に、日本人の意見が反映されていた背景について、作家の山下柚実氏が報告する。

 * * *
 米国アイロボット社のロボット掃除機『ルンバ』が日本に本格投入されたのは10年前、2004年のことだった。

 円盤のような機械が部屋を動き回り、人間よりもきれいに掃除してくれるという。しかし、素直には信じられない消費者は多かった。

 電動ちりとり? オモシロ家電? 本当にきれいになるのか? 初めて見たロボット掃除機に対して、冷ややかな声が囁かれた。

 それが今や出荷数は右肩上がり。7年かけて35万台を出荷した後は一気に売れ行きが加速し、2012年に60万台、2013年にはいよいよ累計100万台を突破し、堂々たるヒット商品に育った。

 そしてこの3月、吸引力を大幅アップした新タイプが発売され、人気に拍車をかけている。

  ロボット掃除機市場においてルンバのシェアは約7割とダントツ。

「吸引システム以外にも真似のできない技術が搭載されています」とアイロボット社日本総代理店、セールス・オンデマンド社取締役の池田明広氏(49)。例えば複数の部屋を移動する「お部屋ナビ」。あるいは赤外線によって見えない壁を作り出し、入らない場所を設定できる「バーチャルウォール」。

 こうした高機能のポイントは、「動き」にある。

「アイロボット社は米国政府から地雷除去ロボットの開発を受託してきた専門企業です。試行錯誤しながらルートを探索したり、障害物を避けて最適ルートを考えたりといった高度なセンサー技術・人工知能技術を蓄積してきました。それを家の中の作業とカップリングさせた結果、ルンバが生まれたのです」

 アイロボット社のミッションは実に明快。「3D」の言葉に集約される。

「ダル、ダーティ、デンジャラス、つまり退屈で汚くて危険な作業を人の代わりに遂行するロボット。それが開発コンセプトであり、思想です」

 オモチャ家電などと揶揄されても、揺るぎなくブレずに10年間、着実に販売を続けてきたその理由が明快なコンセプトの中に見えた。

 だが池田氏の会社は日本総代理店、つまり日本の販売担当。まるでルンバ開発チームのように熱く雄弁に語るのはなぜか。

「ルンバは50か国以上で販売していますが、とにかく日本のユーザーは世界一細かくて、要求が多い。そうした声は宝の山なんです」

 苦情や不満も、別の角度から読みこめば新機能のアイディアそのもの、と池田氏。

「だから私たちは自社でカスタマーセンターを立ち上げ、日本のユーザーの声を吸い上げて、米国での開発サイクルの中にその情報を反映させるシステムを作ったのです」

 日本の家は狭くて、家具や物が多い。しかも靴を脱ぐ生活だから床に直接触れる。ほこりや髪の毛など細かくて軽いゴミが問題となる。床は畳や絨毯、フローリングと多種多様。土壁や漆喰(しっくい)は傷がつきやすい……いわば「最も掃除しにくい」環境の中で「徹底した清潔さ」を求めるのが日本人だ。

「例えば綿ゴミがきれいにとれていないという苦情に対して、舞い上がるようなゴミを赤外線で捉えるセンサーを新機能として付加しました。ゴムのバンパーも、高性能フィルターも、日本人ユーザーの要求に応えて加えた機能です」

  ルンバは日本家屋に特有の問題点を解決することで能力を高めていった。それは、ルンバが成長するロボットである証だった。「世界標準」の機能はこうして作り上げられていった。

※SAPIO2014年6月号