IMALU(24才)と交際中のプロドラマー・よっち(26才)との初ツーショットをキャッチした──。

 5月中旬のとある夜、午前0時過ぎのことだった。産地直送の新鮮な魚介類や野菜から、〆の釜飯までたっぷり味わえる居酒屋の半個室で、IMALUが友人らと酒を飲みながらテーブルを囲んでいた。

「IMALUさんは何度か見かけてます。友達が一緒ですけど、いつも彼氏さんもいますよ。その夜は、彼女の向かいに座ってました。料理を取り分けたり、飲み物を注文したり、すごく気の利く優しいカレって感じですよ」(居合わせた常連客)

 カレとは、プロドラマーのよっち。年明けにスポーツ紙で熱愛が報じられたIMALUは、会見の席で、よっちについて、父・明石家さんま(58才)には交際を報告済みで、母・大竹しのぶ(56才)にはすでに紹介していると明かした。冒頭のシーンは初ツーショットということになる。

「よっちはaikoやmiwaら人気歌手のライブやテレビ収録でバックバンドで演奏するドラマー。IMALUのバンドに参加したことがきっかけで交際がスタートしました。もう2年以上になります」(音楽関係者)

 深夜3時過ぎ。IMALU一行はようやく店を後にした。店前で友人と別れ、IMALUはよっちにエスコートされてタクシーに乗り込んだ。一緒に女友達も乗車したが、途中で彼女を降ろすとようやくふたりきりに。車の後部座席では、互いに体を預けるように寄り添っていた。

 タクシーが向かった先は、IMALUの母・大竹が待つ実家。よっちは慣れた様子で実家へと入っていった。

※女性セブン2014年6月12日号