撮影=岡崎隆生

写真拡大

 AKB48の握手会でメンバーらが襲われ、負傷した事件を受け、けがをした川栄李奈が主演を務める連続ドラマ『セーラーゾンビ』(テレビ東京系)の放送が延期されることが分かった。

 延期が発表されたのは、30日深夜放送の第7話。同局は「総合的に判断した」「編成上の都合」と説明しており、再開については未定としている。

 一方、31日に川栄が出演する『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)のプロレス企画「めちゃ日本女子プロレス」は、予定通り放送。収録は20日に行われ、川栄は同グループの横山由依や、島田晴香とプロレスに挑戦。同局は「川栄さんがいないと成立しない企画。予定通り放送します」とコメントしている。

「同プロレス企画は、リハーサル中にAKB48の木崎ゆりあが全治3〜4週間の左手関節橈骨(とうこつ)遠位端骨折を負う事故が発生したことが報じられたばかり。そのため、ネット上では川栄の事件以前に、ケガ人が出ている企画を放送することに戸惑いの声も上がっている。また、事件前の収録とはいえ、『川栄の元気な姿が見られる』と喜んでいる視聴者も多いようです」(芸能ライター)

 『めちゃイケ』だけでなく、28日には自身がレギュラーを務める『バイキング』(同)に電話で生出演した川栄。そんな中、なぜテレ東は『セーラーゾンビ』を延期にしたのだろうか?

「同ドラマは、ゾンビ化により崩壊した世界で、順応しながら生きる女子高生を描く学園ドラマ。川栄演じる百花がゾンビに襲われるシーンも多く、さらに見送られた第7話は、百花が監禁されるというストーリー。告知映像では、百花がガムテープで口をふさがれ、鎖で身体を固定されるシーンも。このほかに、事件を彷彿とさせるシーンがあった可能性も考えられます」(同)

 悲惨な事件から3日。通常運転になるには、まだ時間がかかりそうだ。