写真提供:マイナビニュース

写真拡大

メガハウスは28日、東京国際フォーラムにて新規事業発表会を開催し、玩具メーカー初となる子供向けモバイルサービス事業の立ち上げとともに、ティーンズ向けのスマートフォン『Fairisia(フェアリシア)』を2014年7月下旬に発売することを発表した。

同社は昨年、本格子供向けAndroidタブレット『tap me(タップ ミー)』を発売し、2013年度の日本おもちゃ大賞「イノベイティブ・トイ部門」にて優秀賞を受賞。19,800円という手ごろな価格と、Wi-Fiやデコメール、カメラ、豊富な学習アプリ、さらにペアレンタルコントロール機能を備えるなど、安心・安全・使いやすさが話題を呼び、累計2.4万台を出荷するヒット商品となった。

『Fairisia』は、『tap me』で培ったノウハウを活かし、よりユーザーニーズに応えられるべく開発された10歳〜13歳のティーンズ向けSIMフリー端末。OSはAndroid 4.2(JellyBean)を搭載し、ディスプレイは4.0インチのIPS液晶を採用する。ネットワークはMVNOのドコモ回線を使用し、通話はIP電話アプリを用いることで、格安に固定・携帯電話を利用できるという。

また、『Fairisia』には、メールやインターネットに加え、チャットアプリやデコカメラ、スタンプメーカー、日記、辞書といったアプリがあらかじめ30種以上プリインストールされている。Google Playから別途アプリを追加することも可能。また、ティーンズが興味を持つコンテンツを集めたポータルサイト「Girls-Plaza」を新たにオープンさせ、おすすめアプリや話題の動画、占いやブログなどの情報を提供していく。

『tap me』と同様、パスワードでログインできる保護者向けの「管理モード」を搭載されており、利用時間やアプリの制限、端末ロック、ブルーライトカットといった機能も用意。また、遠隔操作アプリ「オプティマル ガジェット ユース」を標準搭載することで、別の端末から位置情報やアプリの使用許可、端末紛失時の遠隔初期化といった操作も可能となっている。

端末本体の価格は22,990円。トイザらスをはじめ、玩具店・百貨店・量販店、オンラインショップでの販売を予定している。料金は1GB/月までLTE高速データ通信が利用でき、通話基本料も含む月額2,390円のプランを用意(事務手数料は別途3,000円必要)。また、通話料は固定電話へ8.4円/3分、携帯電話へ16.8円/分となっている。

デジタルデバイス事業部・臼井一夫氏は「『Fairisia』は『本格的なスマホを持ちたい』という子供と、『スマホを持たせるのはまだ不安』という親のニーズに応える形の製品であることを説明。端末の企画製造、アプリの開発、SIMまでを一括提供することで、低価格化を実現し、ほかの携帯キャリアとの差別化を図り、新たな顧客を獲得する狙い。今後は男の子向け製品や、異なる年齢層をターゲットにした製品展開も検討しているという。

■「Fairisia(フェアリシア)の主な仕様 OS:Covia製Android4.2ディスプレイ:4.0インチ(WVGA)CPU:MT6572 デュアルコア1.0GHzメモリー:512MBストレージ:4GB(マイクロSDHC対応)カメラ:前面 30万画素 背面200万画素無線LAN/3G:IEEE802.11b/g/n準拠 800MHz〜2100MHz対応バッテリー:リチウムイオン電池1350mAhスロット:microSDカードスロット(32GB対応)本体サイズ:62.5×9.7×127.7mm重さ:126g

(担当ぱぴい)