ジャッキーミュージアムの全貌、60年の人生すべてが詰まったギャラリー。

写真拡大

先日、還暦である60歳の誕生日を迎えたばかりのジャッキー・チェン。あの大人気シリーズ「ポリス・ストーリー」の最新作である「ポリス・ストーリー/レジェンド」も公開となる記念すべきメモリアルイヤーの今年、中国・上海に「ジャッキー・チェン フィルム・ギャラリー」が満を持してオープンとなり、このたび貴重な内装の写真が到着した。

「ジャッキー・チェン フィルム・ギャラリー」は、ジャッキーの生い立ち、香港での活躍、ハリウッドでの活躍まで、ジャッキーの歩んできた歴史が分かるミュージアム。「ジャッキーが今までの出演作の中で使用してきた、数え切れないほどの小道具や衣装が展示されています。来場者は香港からハリウッドのスターへと駆け上ったジャッキーの足跡を辿ることができるのです」と博物館館長のWu Gang(ウー・ガング)はコメントを寄せた。

ちなみに、ジャッキーはギネス記録にて“1つの映画にもっとも多くクレジットされた”と“現存する俳優の中でもっとも多くスタントをこなした”の2つの賞を受賞したばかり。

古い工場をリノベーションして完成させた4000平方メートルもの敷地内には、ジャッキーの伝説的な映画とともに、彼のチャリティー活動の軌跡も展示されている。

また、ジャッキーの有名なアクションシーンや追跡シーンが施設内の試写室にて音響設備と共に蘇る。展示物では、「アクシデンタル・スパイ」(2001年)にてジャッキーがゴルフカートを運転するシーンや、「ポリス・ストーリー」(1985年)にてモーターサイクルに乗ってレンガの壁に衝突するシーンを再現した。

そんなジャッキーの最新作「ポリス・ストーリー/レジェンド」は、6月6日(金) TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー。