『ホット&クール ハイタワーファン』2品種を発売

写真拡大

生活家電などの製造・販売を手がける小泉成器は扇風機とヒーター機能を一体化した送風機能付きファンヒーター『ホット&クール ハイタワーファン』2品種を2014年5月末に、全国の家電量販店で発売する。"夏は涼しく、冬は暖かく過ごす"ための補助製品としての需要を見込んでいる。

1台で暑い時には送風で、寒い時には足元から温風でここちよく

高さ1メートル強の本体に送風と温風それぞれ独立したファンとモーターを実装。下側にはセラミックヒーター機能を装備しており、1台で暑い時には送風を、寒い時には足元からの温風を選べ、年間を通して快適な生活をサポートする。

送風、温風時ともに、ヒトの動きの変化を感知して自動で運転オン・オフになる人感センサー機能付きで、無駄な電気使用を抑える。

ファンには、プロペラファンより風量が多く、音の静かなシロッコファンを採用した。

送風用にAC(交流)モーターより消費電力が少ないDC(直流)モーターを採用した「KHF-1240」は送風時の風量を16段階に分けて調節することが可能。使う人の好みやシーンに合わせた微調整ができる。

「KHF-1240」は、ブラックとシルバーの2色で液晶表示と運転ランプが温風時にはオレンジ、送風時はブルーで表示及び点灯。送風と温風いずれもACモーターの「KHF-1241」は、ホワイト1色で、本体上部のLEDと運転ランプが、温風時はオレンジ、送風時はブルーに点灯する。

価格(税別)は想定価格でKHF-1240が1万8800円、KHF-1241が1万5800円。