野村克也(のむら・かつや) 1935年京都府生まれ。テスト生として南海に入団。1965年、戦後初の3冠王。首位打者1回、本塁打王9回、打点王7回、MVP5回を獲得。35歳で選手兼任監督となり、8年間でAクラス6回、1973年リーグ優勝。ロッテ、西武でプレーし45歳で引退。「野村スコープ」で話題となった9年間の解説者生活を経て、1990年からヤクルト監督。弱小球団の選手たちに闘争心と人間教育を中心とした教養を植えつけ、リーグ優勝4回、日本一3回へ導く。阪神、社会人・シダックス監督を経て、2006年から楽天監督。田中将大を1年目から11勝&新人王に育てる。2009年、球団初のクライマックスシリーズに進出。宮本慎也、稲葉篤紀ら多くのWBC日本代表を育てた。現在、日本体育大学客員教授。ダイヤモンド・オンライン

ノムさん教え子の「解説」に絶賛

ざっくり言うと

  • ヤクルト時代、9年間にわたりID野球浸っていたノムさんの教え子・飯田哲也氏
  • 飯田氏の野球解説に対し、松本秀夫氏は「わかりやすくストレートな解説」と絶賛
  • コメントの端々に「ノムさんの遺伝子」を感じるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング