1973年から始まった現行の世界ランキングにおいて、日本男子初のトップ10プレーヤーになった錦織圭。5月25日にパリで開幕したローランギャロス(全仏)では、日本男子最高の第9シードとして、グランドスラムの舞台に立った。

 ATPランキング10位(大会時)の錦織は、この歴史的快挙を冷静に受け止めていた。

「メディアではトップ10と騒がれますが、12位から2個上がったからといって、何かが変わるわけではないので、これを持続してここから7位、6位、5位に入っていければ嬉しい。まだまだランキングが前後すると思う。1年をとおして、しっかりしたプレーができれば、もっと上がっていくと思います」

 大会前にこう語っていた錦織だが、春に痛めた左足股関節の炎症や、全仏前の大会(マドリード)で悪化させたでん部や左足ふくらはぎのケガが回復していなかったため、スキップ(欠場)することも考えていたという。しかし、「出られない痛みではない」と出場に踏み切ったのだ。

 結果は1回戦敗退。前哨戦のATPミュンヘン大会で優勝していたマーチン・クリザン(59位)に、6−7、1−6、2−6のストレートで敗れた。

「グランドスラムに100%の状態で臨めないのは悔しかったですけど、それでも、今年はクレーでいいテニスができたので満足はしています」

 錦織は14年シーズン前半にツアーで2勝を挙げ、全仏の前に開催されたATPマスターズ1000・マドリード大会(グランドスラムに次ぐグレード)では初めて決勝進出を果たした。

 結果はでん部を痛めて途中棄権。準優勝だったが、"クレーキング"と呼ばれるラファエル・ナダルに対してテニスのクオリティで上回り、6−2、4−2、とあと一歩のところまで世界ランク1位を追い詰めた。

「ナダルにもあれだけ自分のテニスがしっかりできて、前半は押せていたので、かなり自信になった。来年、再来年のクレーに向けて、いいテニスができ上がってきている」(錦織)

 その好成績に、今季からコーチに就任したマイケル・チャンの影響があったのは間違いなく、それは錦織自身も認めている。

「テニスも変わってきていると思います。自分のテニスがより良くなるために、マイケルが助けてくれている。結果が出ているのは、彼のおかげかな」

 11歳から錦織を見守ってきた松岡修造氏は、錦織とチャンとダンテ・ボッティーニ、この3人だからこそうまくバランスがとれており、このチームを継続していくべきだと主張する。

「マイケルは、相当口うるさい。正直、圭とマイケルの性格はあまり合っていないと思う。ただ、圭には経験にもとづいた説得力のあるマイケルのアドバイスが必要。一方、ダンテのようなイージーゴーイング(楽観的なタイプ)が、圭は大好き。だからダンテもいないとダメ。ダンテとマイケル、ふたりのコーチの指導がうまくミックスできているので、最高のチームになっている気がします」

 また松岡氏は、錦織が今後さらにランキングを上げ、悲願であるグランドスラム制覇を成し遂げるために必要なものについてこう付け加えた。

「本当のトップになれるかどうか。それには、マイケル・チャンのメンタルが、100%注入されることが必要。それは3年ぐらいかかると僕は思っています。さらに、圭の体力は着実についてきている。試合でしかつけられない体力もある。(今回の全仏は1回戦敗退だったが)僕は全然悲観していないですよ」

 マイケル・チャンコーチも、錦織の成長に手ごたえを感じていた。

「(バルセロナでの優勝は)圭がいいテニスをできている証だと考えています。試合運びが確実に上達している証明でもあります。圭はハードコートでいいプレーをしてきましたが、クレーでもいいプレーができるようになった。それは、圭の未来にとって、非常に有益だと思います」

 また、チャンコーチは、錦織のトップ10入りについてこう語った。

「圭にとって、素晴らしい功績だと思います。本当にハードトレーニングを積み重ねてきましたからね。上を目指すには、もっとトレーニングが必要ですが、それができればきっとさらに良くなると思います」

 2011年から錦織が出場する全大会に帯同しているダンテ・ボッティーニコーチも、満足はしていない。

「昨年もトップ10に近づいていましたから、圭なら絶対にトップ10になれるとわかっていました。彼が成し遂げたことを嬉しく思います。進化し続けている証明になりましたが、いつまでもここ(10位前後)に留まるつもりはありません」

 松岡氏も「トップ10というのは、圭にとってひとつの目標というか、通過点に過ぎない」と、さらなる躍進に期待している。

 トップ10入りを果たした錦織は、悲願であるグランドスラム制覇を本格的に目指す段階に入った。残念ながら全仏では結果を残せなかったが、6月のウインブルドン(全英)に向けて、世界の頂点を目指す戦いは続いていく。

神 仁司●取材・文 text by Ko Hitoshi