今の貯金感覚では絶対お金は貯まらない。 ほとんどの家庭が貧乏家族の予備軍だった!

写真拡大

投資を始める前に必要な行動が、お金を貯める習慣を作ること。これができなければ、投資でも成功することはできない。貧乏家族にならず、栄光の金持ち家族になるための貯蓄についての考え方を教えよう。

巷の預貯金データを鵜呑みにするな!
全体の3割は貯蓄ゼロの貧乏老後予備軍

 まずはQ19を見てほしい。これは金融資産の保有額の調査結果。1世帯当たり平均で1101万円もの金融資産を保有している。

 この平均額を見て、「自分もこれくらい貯められる」と錯覚するのは早計だ。この金額は、一部のお金持ちが平均額を押し上げ、実態とかい離した数値が独り歩きしているからだ。特によく見かける老後プランの参考にする国や金融機関のデータの大半は平均額を使用しているので、ダマされないように注意が必要だ。

 実態に近い数値を掴むには中央値や最頻値を見る必要があるのだ。

 中央値とは調査結果(保有資産額)を上から順に並べて中央に来る数値。極端なお金持ちなど、平均値を歪める数値が排除された中間層の実感のある数値で、これは330万円だ。もう一つの最頻値とは、調査結果で最も回答者が多かった数値。「資産額いくらの世帯が最も多いのか」という結果で世の実態を表す。

 Q19においてのその最頻値はなんと「資産ゼロ」。31%の世帯が株式や投信は保有せず、預貯金の残高もほぼゼロなのだ。つまり3割の家庭が貧乏家族。中間層でも330万円では、とても老後を支えることができない。すなわち貧乏老後が待ち構えているのだ。

老後資金は年金以外に月8万円が必要、
40代で1000万円、退職時に3000万円を目指せ!

 Q20は老後のために公的年金以外に必要な資金と準備額の調査。年代を問わず約3000万円が必要だと答えている。老後が30年あるとして年間100万円が年金以外に必要だと感じている。月額でみると8万円強なので、意外と現実的な数値だ。

 ところが50代でみても実際に用意できている金額は必要額の3分の1の998万円。しかし、これも平均額で一部のお金持ちが金額を押し上げた非現実的な数字。内訳を見ると、なんと約30%が準備ゼロだ。

 こうした貧乏老後を回避する手段はあるのか。専門家の多くは「収入の多寡に関係なく、給料のうち一部を天引きして投資信託を積み立てるなど、計画的に投資をすることが最も手堅い手段」と口をそろえる。

 FPの江原さとみさんも、「金持ち家族と貧乏家族の差は収入の違いだけではありません」と指摘。予算内で生活し、計画的に貯める習慣の有無が影響しているという。

 江原さんは「理想の資産額は40代で1000万円。社会に出てからの20年間で1000万円貯められた人は、退職までの残り20年間で1000万円以上貯められる習慣が身に着いている」とアドバイスする。

 さらに、Q21に見るように、投資をしている人はどの世代でも3人に1人程度。投資をしない理由を尋ねると、「資金不足」と「資金が減るのが嫌」で8割を占める。

 老後資金を作るために、投信の積み立てなどタイミングや資産の分散を図った投資をするべきなのだが、リスクにばかり縛られてしまい発想が逆になってしまっている実態が見浮き彫りになった。まずは、貯める仕組みを作り、貯まったお金でリスクを取りながら投資をする。これが、老後に金持ち家族となるための近道といえるだろう。

 ところで、今好評発売中のダイヤモンド・ザイ7月号では、ザイ1万人大調査の結果を大公開し、今回紹介した貯蓄の現実だけでなく、住宅購入&ローンの実態と金持ち家族になるワザ、保険の実態と金持ち家族になるワザ、億を作った人の投資法などを大特集で掲載している。日本人のお金と投資の現状を知るとともに、貧乏家族から金持ち家族に変身するテクニックを身につけてほしい。

 ダイヤモンド・ザイ7月号は、今大人気の2000円で米沢牛500gなどがもらえる「ふるさと納税特産品ベスト71」の特別付録がついて、アマゾン(送料無料)、楽天ブックス(送料無料)ほか、電子書籍(kindle、kobo)、全国の書店で好評発売中。