富山のご当地アイドル・ビエノロッシの島田理奈がついに役者デビュー!/(C)「聖リミュエール女学園」製作委員会

写真拡大

ドラマ「聖リミュエール女学園〜夢見るフェアリーズ〜」のDVDが6月20日(金)に発売。本作で主人公・きらを演じ、役者デビューを果たした富山のご当地アイドル・Vienolossi(ビエノロッシ)の島田理奈からメッセージが届いた。

【写真を見る】自身が演じる主人公・きらと同じく、初体験のバレエにりなりなも悪戦苦闘??/(C)「聖リミュエール女学園」製作委員会

本作は聖リミュエール女学園の名門バレエ部を舞台に、バレエダンサーを目指す少女たちの友情と感動を描いた青春学園ストーリー。島田はストーリーについて「主人公の『天乃きら』は新入学した学園で偶然にもバレエ部部長の華麗な踊りを校内で見てしまい、一気に感動してしまって『もう、そのバレエ部に入部する!』って決めます。ですが、実はそのバレエ部は全国でもとても有名で、入部希望者は当然バレエ経験者ばかりなんです。そしてバレエ部に入部するためには高いハードルの実技テスト、その中でも『グラン・パ・デュ・シャ』という大きく跳ぶダイナミックな技があって、それを無事クリアしないといけないのです。きらは、バレエ未経験で悪戦苦闘しながら特訓するのですが、他の入部希望のライバルやバレエ部員の先輩の登場とかで…。きらは果たしてこの難関のバレエ部に入部できるのか!?っていうのが今回の物語です」と紹介。

さらに、「この物語は『諦めずに頑張ったらきっと願いがかなう力を誰もが持ってるよ』というのがテーマなんです。共演していただいた皆さまのほとんどの方はバレエ経験があったのですが、実は『きら』と同じで、私はバレエ未経験だったんです! オーディションに応募して、主演の『きら』役で初めてドラマ出演することが決まり、正直びっくりでした。まだまだお芝居は勉強不足で戸惑いも多かったのですが、撮影が進むにつれてどんどん『きら』と同じ気持ちで一生懸命! そして楽しんで演じる事ができました。そんな理奈のドラマデビュー作を皆さまに、ぜひ楽しんでご覧いただければ思います」とファンにメッセージを送った。